奈良・中宮寺「木造菩薩半跏思惟像(寺伝・如意輪観音像)」【国宝】

スポンサードリンク

奈良・中宮寺「木造菩薩半跏思惟像(寺伝・如意輪観音像)」【国宝】

%e4%b8%ad%e5%ae%ae%e5%af%ba%e3%83%bb%e8%8f%a9%e8%96%a9%e5%8d%8a%e8%b7%8f%e5%83%8f

造立年

  • 不明
  • 推定:650年から710年(和銅3年)/飛鳥時代
大きさ

  • 像高:87.9cm
  • 台座からの総高:132cm
材質

造立方法

  • 寄木造り
  • 鍍金
作者

  • 不明
国宝指定年月日

  • 1951年6月9日(昭和26年6月9日)

「木造菩薩半跏像」「如意輪観音像」の読み方

仏像やお堂の名前は、漢字の羅列で読みにくい名前が多々、見受けられますが「木造菩薩半跏像」は、「もくぞうぼさつはんかぞう」と読みます。

また「如意輪観音像」は、「にょいりんかんのん」と読みます。

如意輪観音像とは中宮寺に古来から伝わる呼称であり、一般的には「木造菩薩半跏像」や「弥勒菩薩半跏思惟像」の名前で通っています。

木造菩薩半跏像(如意輪観音像)の歴史・由来

木造菩薩半跏像は、中宮寺しいては日本が世界に誇る超ド級のお宝であり、一般的には「菩薩半跏像(弥勒菩薩半跏思惟像)」として世界的に知られています。

別名では「世界三大微笑像」の1つと言われており、「アルカイックスマイルの仏像」の代表格です。

世界三大微笑像

  • スフィンクス(エジプト)
  • ジョコンダ夫人像(モナ・リザ/レオナルド・ダヴィンチ」
  • 木造菩薩半跏像

菩薩半跏像は中宮寺が創建された以降に造立された可能性が高いと言われ、現代に至るまで中宮寺の本堂に安置されてきたとされています。

現在の菩薩半跏像は修復に修復を重ねた末、造立当初の威容を取り戻していますが、修復を行う以前はかなり損傷が激しく、かろうじて容姿を保っていたほどのお姿だったようです。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






菩薩半跏像の名前の遷移

菩薩半跏像は、過去に名前をいくつか持っていたことが判明しており、以下のように名前が遷移しています。

如意輪観音像⇒ 弥勒菩薩像⇒ 菩薩半跏像(弥勒菩薩半跏思惟像)

「思惟」とは「しゆい・しい」と読み「深く考える」と言う意味になります。

すなわち思惟とは、弥勒菩薩が取る「考える姿」のポージングのことを指し示します。

菩薩半跏像の造立方法

菩薩半跏像が造立された当初の造立方法は、「口を閉ざした様式」の造立方法が常識とされていましたので当初、菩薩半跏像は「日本国内で造立された仏像ではない」と囁かれていました。

この当時、中国や朝鮮では弥勒信仰が流行していたことから「半跏思惟像」がたくさん造立され、そのほとんどの仏像は「銅造り(銅製)」で造立されていました。

しかし、中宮寺の菩薩半跏像の材質には「楠(クスノキ)」が使用されていることから、これは大陸からの伝来物ではなく弥勒信仰だけが日本へ伝来し、日本で造立された仏像であると判断されました。

造立の方法は、下絵をもとにクスノキを加工して部材(パーツ)を制作し、最終的にそれらのパーツを組み上げる「寄木造り」で造立され、最後に鍍金のコーティングが施されています。

菩薩半跏像の特徴

菩薩半跏像の特徴として、右足を左足の膝の上に乗せる格好で組み、その上に左手が添えられています。

右手は、女性的な指先が器用に表現され、指先を見ているだけでも「自愛」や「慈悲深さ」が伝わってきます。

一見すると、定食屋の飯終わりに「つまようじ」を加えて歯間をイジくっているようにも見え、タバコをふかしているようにも見えます。

その他、中指と人差し指にパワーを結集し口元のニキビを全力で潰しているようにも見えます。

全力でニキビを潰しているため相当痛いハズのですが、..痛っ!と楽勝~♬と、言った自分の中での2局面の戦いを繰り広げており、半笑いをカマすことで究極の余裕を表現していると例えることもできます。

菩薩半跏像がとるポージングについて

菩薩半跏像のポージングは、「コレでいっとけ」などと言った単純なものではなく、意味合いがあってこのポージングがとられており、これは「弥勒菩薩(みろくぼさつ)」のポージングを基にして造立されています。

弥勒菩薩のポージングは「倚座(いだ)」と呼称される台座に座った姿勢であり、その中でも「半跏倚座(はんかいざ)」と呼称される右足を左ヒザに乗せた特徴的なポージングになります。

%e5%bc%a5%e5%8b%92%e8%8f%a9%e8%96%a9%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b0

↑弥勒菩薩(画像引用先:wikipedia)

弥勒菩薩とは、「釈迦(しゃか)」の次に仏陀になることを約束された菩薩であり、現在、修行中の仏様です。

その修行が終わるのが、釈迦が入滅した後の56億7千万年後の未来であり、その時に修行の成果を発揮して全世界を救済すると云われています。

釈迦とは「お釈迦様」のことで、現在の「仏陀(ブッダ)」でもあり、仏教の開祖でもある方です。

気になる人は気になる!「菩薩半跏像のド頭の”タンこぶ”」

菩薩半跏像を見ているうちにイヤでも視界に入ってくるのが、ド頭の上に2つある「タンこぶ」です。

このタンこぶは、キツイお仕置きをクラったのではなく「双髻(そうけい)」と呼称される仏像特有の髪型の1つです。

双髻は主に、飛鳥時代後期から奈良時代に造立された仏像に多く見られた髪型であり特徴の1つです。

長い髪をド頭の頭頂で結い上げ、それを2つ束にまとめる髪型です。

ところで・・「アルカイックスマイルとは?」

「アルカイックスマイル」とは、「像」を造立する際の表現語であり「古い微笑」の意味を持ちます。

基となっている語源は、古代ギリシャ語の「arche(古い)」です。

そこから「archaic(アルカイク)」と遷移し、最終的に現在の「アルカイック」となっています。

これらの言葉は、古代ギリシャで造立された「微笑を浮かべた像群」の特徴を表現し、ヨーロッパ圏で広まった言葉です。

終わりに・・

半跏思惟像の人気を示すかのようなグッズ群

実は半跏思惟像には、その人気ゆえに現代では多種多様なグッズが発売され販売されています。

その中には、「こんな物で出てるのか」などと言ったような意外なグッズが販売されています。

ご興味のある方は、以下のリンクからのぞいて見てください。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ