法隆寺の境内にもう1つ寺院があった?!中宮寺の「見どころ・歴史・御朱印の種類・拝観時間」など

スポンサードリンク

法隆寺の境内にもう1つ寺院があった?!中宮寺の「見どころ・歴史・御朱印の種類・拝観時間」など

奈良・中宮寺

%e5%a5%88%e8%89%af%e3%83%bb%e4%b8%ad%e5%ae%ae%e5%af%ba

創建年

  • 不明
  • 推定:607年(推古天皇15年)
再建年

  • 1274年(文永11年/鎌倉時代中期)
  • 1602年(慶長7年/江戸時代初頭)
  • 1968年(昭和43年)※本堂造営
山号

  • 法興山
宗派

  • 聖徳宗
御本尊

  • 木造菩薩半跏像(如意輪観音/中宮寺・寺伝)
札所番号

  • 聖徳太子霊跡15番
  • 中部尼寺巡り15番
  • 神仏霊場巡拝の道 第27番

中宮寺の読み方

法隆寺の境内には難しい漢字の表記で読みにくい名前の仏像やお堂がありますが、中宮寺は「ちゅうぐうじ」と読みます。

しかし、創建当初は「中宮」とだけで読まれていたようです。

中宮寺の名前の由来

法隆寺の周辺には、かつて「斑鳩宮(いかるがのみや)」「岡本宮(おかもときゅう)」「飽波葦垣宮(あくなみのあしがきのみや)」と、もう1つ「中宮」と宮が存在し、中宮とは単純に他の3つの宮を直線上に見た時、中央に位置していたことから聖徳太子が「中宮」と名付けたと云われています。

中宮寺の歴史・由来

中宮寺は、法隆寺の夢殿に隣接する形で位置しており、一見すると法隆寺の伽藍の一部とも言えます。

しかし創建当初は、現在の伽藍よりも東方向へ約400mほど移動した辺りに伽藍があったと云われており、つまりは法隆寺とは距離が離れていることから「単独の宮」であったことが分かります。

単独の宮であったことを示す証拠として、法隆寺の寺伝によると「聖徳太子建立七寺の1つ」に数えられています。

「聖徳太子建立七寺」とは、法隆寺に創建から伝わるとされる「法隆寺資財帳(正式名:伽藍縁起並流記資財帳)」に記載された7つの寺院のことであり、資財帳の冒頭には「推古天皇と聖徳太子が7つの寺を607年に建立した」といった記述があり、これが創建の年代を示す証拠の1つとなっています。

【補足】聖徳太子建立七寺の一覧

  1. 法隆寺学問寺(法隆寺/お隣さん)
  2. 四天王寺(大阪市天王寺区四天王寺)
  3. 中宮尼寺(中宮寺/ココ)
  4. 橘尼寺(橘寺/奈良県中部明日香村)
  5. 蜂岳寺(広隆寺/京都市右京区太秦)
  6. 池後尼寺(法起寺/スグそこ)
  7. 葛城尼寺(葛木寺/=現在の「和田廃寺」/奈良県橿原市 和田町)

中宮寺の創建の理由

中宮寺の創建の理由は、もとは聖徳太子が母である「穴穂部間人皇女」の住まいとして造営した「宮殿」であったと云われており、聖徳太子が晩年を迎える頃には太子の妃の1人である「位奈部橘王(いなべのたちばなのおおきみ)」もこの宮殿に住んでいたと云われています。

尚、「穴穂部間人皇女」の読み方はややこしく、頭がオカシくなりかけるので「あなほりべがうまいじんこうおんな」・・などと読み強引に完結させ次に進みたくなりますが、正式には「あなほべの はしひとのひめみこ」と読むようです。

中宮寺の創建に関しては、西暦650年から700年頃と伝わっており、正しい創建年は不明ですが様々な調査で収集された情報から607年(推古天皇15年)が妥当であると判断されています。

中宮寺の再建の回数

中宮寺は様々な調査の結果から、飛鳥時代の後期に1回、平安時代に1回、鎌倉時代に2回、戦国時代に1回と言った、繰り返し再建が行われてきたことが判明しています。

しかし一説では、これ以上の再建・改修が繰り返されてきたとも云われています。

実は近代でも中宮寺のプチ的再建(改修)が行われているのをご存知ですか?

中宮寺の本堂の写真を見られた方は疑問に思ったかもしれませんが、中宮寺の本堂は年代を感じさせない実に綺麗なお姿をしています。

これは1969年(昭和43年)に造営されたもので「高松宮妃殿下」の発願により、当時の最新技術を結集させて造営された建造物です。

地震や火事にも強く、温度や湿気の管理も行えることから、国宝の御本尊「如意輪観世音菩薩半跏像」が安置されています。

中宮から「中宮寺」へ名前があらためられた理由

「中宮」から「中宮寺」へと名前があらためられた理由は不明ですが、穴穂部間人皇女の勅願によるものだと云われています。

平安時代以降の中宮寺は廃れて荒れ果て、かろうじて粗末なお堂に本尊だけがポツンと置かれている状況だったようです。

しかし、1262年(弘長2年)鎌倉時代の初頭に「信如(しんにょ)」と呼称された「尼僧(=比丘尼/びくに)」によって中宮寺の再興が成されています。

現在、中宮寺に伝わる国宝のお宝「天寿国曼荼羅繍帳てんじゅこくまんだらしゅうちょう」も、この信如によって、1274年(文永11年)に法隆寺境内の蔵から発見され、中宮寺に伝来した寺宝として中宮寺へ還しています。

その後、室町時代には歴史上から記録が消えており、戦国時代に再び歴史に登場し、この頃、境内が火事に見舞われた記録があります。

その際、法隆寺の東院伽藍へ移設され、後伏見天皇8世の孫娘「尊智女王(そんちのおおきみ)」が住職(門跡)となって当地で再興されています。

門跡(もんぜき」とは、皇族など身分の高い者が僧侶へ転身し、寺のトップ(住職)になって管理者になることを言います。

以後も中宮寺は「尼門跡寺院」として、現代に至るまでの約1300年もの間、尼寺としての伝統を守りつづけるに至っています。

中宮寺の伽藍配置図

上述のとおり、創建当初の中宮寺は、現在の位置よりも東へ約400mの地点に伽藍が築かれていたことが調査によって判明しています。

調査は1963年(昭和38年)から行われ、調査場所となったのは、当時、中宮寺跡として残っていた僅かな土が盛られて山になった「土壇」です。

この土壇の大きさは、東西に約20m、南北に約36m、高さ約1mあり、現在も中宮寺跡へ行けば見ることができます。

この土壇の調査結果では、驚くべき驚愕の事実が次々と判明し、現在の法隆寺の創建年を裏付ける決定的な材料ともなっています。

土壇の調査結果によると、「金堂」や「仏塔」が造営されていた遺構が確認されており、これらの建造物を囲む形で伽藍が形成されており、この伽藍の様相を例えると「南北に南大門が建ち、中門、仏塔、金堂(本堂)、講堂と続き、これらの建造物が直線上に並び立つ「四天王寺式」の伽藍の構成であることが判明しています。

中宮寺の伽藍の配置としては「金堂が北」に建ち「仏塔を南」に配し、東西に約130m、南北に約165mもの広さの伽藍であったことが判明しています。

この当時の伽藍の一辺の長さは平均で200mであることから、一回りほど小さな伽藍であったことになります。

その他、この調査において中宮寺の創建年の年代を示す証拠が発見されています。

その証拠とは塔の内部には初層部の地中深くまで「心柱」があったことが判明しており、心柱の存在を証明する「心礎」が発見されています。

心礎の大きさは東西に1.7m、南北に1.4m、厚さ60cmほどになり「地下式心礎」となり、心柱の太さは直径約1mであったことも判明しています。

心礎とは、心柱の下に設置する石のことで、年代が古いほど地中深くに埋められており、650年代あたりを境として地表に出して設置されていることが多く、これが年代判定の基準の1つとなっています。

そして、この心礎の年代鑑定を行ったところ、なんと!法隆寺の五重塔とほぼ同年代の心礎であったことが判明しています。

中宮寺の伽藍の場所と「創建当初から現在の位置へ移された理由」

中宮寺の創建当初の伽藍から現在の地点へ移設された時期は、戦国時代(1500年代)と云われています。

伽藍が移された理由は、この時期、中宮寺は火事に見舞われており、やむなく現在の場所へ移したようです。

尚、中宮寺の創建当初の場所は、現在では「中宮寺跡(ちゅうぐうじあと)」として1990年5月19日(平成2年5月19日)に国指定の「史跡名勝天然記念物」に指定されています。

中宮寺跡の場所(住所)

・住所:〒636-0112 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺東2丁目416番

%e4%b8%ad%e5%ae%ae%e5%af%ba%e8%b7%a1%e3%81%ae%e5%9c%b0%e5%9b%b3%e3%83%bb%e4%bd%8f%e6%89%80%ef%bc%88%e5%a0%b4%e6%89%80%ef%bc%89 ↑中宮寺跡(地図)

%e4%b8%ad%e5%ae%ae%e5%af%ba%e8%b7%a1↑中宮寺跡の画像(写真)


スポンサードリンク -Sponsored Link-






奈良・中宮寺では「尼僧体験」ができる??

中宮寺では、なんと!尼僧の体験ができるそうです。

中宮寺での正式名は「中宮寺・女性心身修練会(尼層体験研修)」と呼称されます。

期間は1泊2日と短い期間とはなりますが、泊りがけで1日いるだけでも十二分に満足できるハズです。

体験の内容

読経、写経、作務、阿字観、食事(精進料理)、百八礼(108回の礼拝)、沐浴、瞑想、法話、清掃 など

そして修行の最終日には、一生の記念ともなる「修了証」が授与されます。

尼層体験の概要は以下の通りです。

期間

  • 1泊2日
応募資格

  • 18歳以上の成人女性
  • 健康である事
  • 共同生活を行うことに抵抗がない方
  • 修行を行うため身体を動かすことに不自由がない方
場所

  • 法興山・中宮寺研修道場「鳩和殿」
料金

  • 5000円
定員

  • 20名
持ち物

健康保険証、洗面用具、タオル、バスタオル、ハンカチ、ちり紙、白色の清潔な肌着、寝巻(ねまき)、白足袋、日除け帽子、白色の裾よけ、腰紐

注意点

  • 自分の持ち物には名前を記入
  • 間食不可
  • 飲食・喫煙いっさい不可
  • 参加費支払い後のキャンセル時、参加費返金不可
申し込み方法

  • 入山申込書、誓約書、参加費
詳細URL

  • http://chuguji.jp/pdf/20160420_niso1.pdf

えぇっ?!子供も尼僧体験ができる??

中宮寺では大人の女性だけではなく、なんと!子供の女性、すなわち「女の子」も尼僧の体験ができます。

正式名は「中宮寺女児心身修練子ども会(女児一休さん)」と呼称します。

大人と同様に中宮寺にて1泊2日の尼僧の修行を行います。

同様に最終日に修了証を授与していただけます。

お子さんの育て方が不安で躾(しつけ)の方法が分からないご両親さんは、良い機会かもしれませんねぇ。エッへん

応募資格

  • 小学3.4.5.6年生の女児
  • 集団生活に抵抗がない事
  • 健康体である事
料金

  • 5000円
定員

  • 30名
持ち物

健康保険証(写し)、洗面用具、ハンカチ、ちり紙、白色の清潔な肌着、寝巻(ねまき)、バスタオル

申し込み方法

  • 入会申込書
女児一休さん(女児尼僧)の体験内容

読経、写経、作務、座禅、沐浴(風呂)、法話、食事

詳細URL

  • http://chuguji.jp/pdf/20160420_ikyu1.pdf

子どもならではの特典として、やはり友達になりやすいことにあります。

共に苦難に立ち向かった者同士は良き友になれると言います。

ひょっとして、一生の付き合える友達ができるかもしれませんゼ。

ご興味のある方は是非、修行にトライしてみてください。

中宮寺の御朱印の種類・値段など

中宮寺でも、なんと!「オリジナルの御朱印」を授かることができます。

中宮寺の御朱印は確認されているだけで4種類あります。

ただし現在も継続して授与されているかは分かりませんので、御朱印に関しては問い合わせしてみてください。

「如意輪観音」の御朱印

他の御朱印との違いは、右上に「法興山」の押印があり、よく見かける中宮寺の御朱印はこの御朱印です。

%e4%b8%ad%e5%ae%ae%e5%af%ba%e3%81%ae%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e02

如意輪観音・「尼寺霊場」の御朱印

右上に「尼寺霊場 第十五番」の押印があります。

「太子往生天寿国」の御朱印

中央に墨書きで「太子往生天寿国」と墨書きされており、右上には「聖徳太子御霊場跡 第十五番」の押印があります。

「天寿国」とは、聖徳太子が往生(死去)した際に旅立ったとされる世界のことです。

%e4%b8%ad%e5%ae%ae%e5%af%ba%e3%81%ae%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e

「大和北部別格」の御朱印

右上に「大和北部別格」と小さくの墨書きされている御朱印です。

御朱印の値段

  • 300円
御朱印の授与場所

  • 境内寺務所

中宮寺の御朱印帳の種類・大きさ(サイズ)・値段

中宮寺にはなんと!オリジナルの御朱印帳までも販売されています。

サイズは通常の御朱印帳よりも少し大きいサイズとなりますので、大きいサイズの御朱印帳をご所望の方であればチャンスがやってきたと言えます。

%e4%b8%ad%e5%ae%ae%e5%af%ba%e3%83%bb%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0%e5%b8%b3

大きさ(サイズ)

  • 横幅12.5cm、長さ18.5cm
値段

  • 1000円
販売場所

  • 境内の売店

中宮寺のお守り

中宮寺には有名なお守りがあり「山吹花まもり」と言うお守りです。

山吹のお守りの由来とは、中宮寺の本堂の脇には黄色い色をした「ヤマブキ」と言う「花」が自生しています。

正しくは黄色ではなく黄色とオレンジ色が混じった「やまぶき色」と言い、名前の由来もこの色からきています。

ヤマブキの開花時期は4月から5月なので、ヤマブキが咲き誇る中宮寺を見たい方は、この時期を狙って訪れる必要があります。

中宮寺のグッズ

あまり知られていませんが、中宮寺のグッズは通販でも販売されています。

中宮寺には何といっても、アルカイックスマイルの仏像として有名な「木造菩薩半跏像(如意輪観音像)」が安置されていることからグッズも多数、発売されています。

ご興味のある方はからコチラ覗いてみてください。

奈良・中宮寺の「拝観料金(入場料金)・拝観可能時間(営業時間)・定休日」

拝観料金

  • 大人:600円
  • 中学生:450円
  • 小学生:300円
割引(団体割引:30名以上で適用)

  • 大人:400円
  • 中学生:350円
  • 小学生:250円

拝観所要時間

中宮寺の境内は広くはありませんが、見る場所(箇所)がそれなりに多く、その他、参拝の後に売店へ立ち寄ったりするのでそれなりに時間はかかります。

売店へ立ち寄り、御朱印もいただくことを含めて、40分から1時間くらいあれば通常の拝観は充分に可能です。

拝観可能時間(営業時間)

3月21日~9月30日:9時から16時30分まで(受付16時15分まで)
10月1日~3月20日:9時から16時まで(受付15時45分まで)

定休日

  • 年中無休

中宮寺へのお問い合わせ先「住所・電話番号」

  • 住所:〒636-0111 生駒郡斑鳩町法隆寺北1-1-2
  • TEL:0745-75-2106

終わりに・・

中宮寺の境内は大きくはありませんが、売店内では様々なオリジナルのグッズが販売されていますので、家族へのお土産を買うこともできます。

参拝を終えたあとは、忘れずに売店へも立ち寄ってみてください。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ