聖徳太子が井戸掘り名人だった!?奈良・法輪寺の「見どころ・歴史・御朱印の種類・拝観時間・アクセス(行き方)」など

スポンサードリンク

聖徳太子が井戸掘り名人だった!?奈良・法輪寺の「見どころ・歴史・御朱印の種類・拝観時間・アクセス(行き方)」など

%e5%a5%88%e8%89%af%e3%83%bb%e6%b3%95%e8%bc%aa%e5%af%ba

奈良・法輪寺

創建年

  • 不明
  • 推定説1:622年(推古天皇30年)
  • 推定説2:670年(天智9年)
再建年

  • 1739年(元文4年/江戸時代中期)
  • 1903年(明治36年/明治時代初期)
  • 1960年(昭和35年)
  • 1975年(昭和50年)
山号

  • 妙見山
宗派

  • 聖徳宗
御本尊

  • 薬師如来
札所番号

  • 聖徳太子霊跡16番
  • 大和北部八十八ヶ所霊場 第53番
発願者

  • 推定説1:山背大兄王
  • 推定説2:百済開法師・圓明法師・下氷新物

奈良・法輪寺の読み方

仏像やお堂には難しい漢字の表記で読みにくい名前がありますが、法輪寺は「ほうりんじ」と読みます。

その他、法輪寺には別名があり「三井寺(みいでら)」や「御井寺(みいでら)」とも呼称するようです。

「三井寺」の名前の由来

法輪寺の住所地を見ていただければ分かりますが、「奈良県生駒郡斑鳩町三井1570」となっており、住所地の最後の町名に「三井」が入っています。

もうお分かりだとは思いますが、三井寺の「三井」とは住所地から由来が来ています。

「三井」の住所の由来とは、聖徳太子が法輪寺の付近周辺に「3つ井戸」を掘ったらしく、この井戸の数に因んで「三井」の名前が来ています。

尚、聖徳太子が掘った井戸は太子ゆかりの寺・「大阪の四天王寺」にもあり、他に畿内でも聖徳太子ゆかりの井戸がいくつか存在しているようです。

奈良・法輪寺の「歴史・由来」

実は、奈良・法輪寺の創建年に関しては以下のような2つの説が存在しています。

1.聖徳太子の病気の平癒を祈願して、太子の御子である「山背大兄王」が622年(推古天皇30年)に創建したとされる説。
2.670年(天智天皇9年)に「百済開法師」・「圓明法師」、「下氷新物」の「3人の人物」が創建したとされる説。

ちなみに上の2番目の「3人の人物」に関しては存在が明らかにされておらず、一説では「下氷新物」と「山背大兄王」は同一の人物であると云われており、そんな理由から法輪寺の創建は「山背大兄王」と表記されることが多くあります。

また、創建後は歴史から姿を消しており、再び歴史上に名前が現れるのが「1645年(正保2年)/江戸時代前期」に関西地方を襲った台風の被害によって伽藍のほとんどが壊滅して坊主(更地)になり、かろうじて三層目から下層部だけの「三重塔」だけが残ったようです。

その後の「1716年から1735年(江戸時代中期)」の享保年間にようやく僧侶の「寳祐(ほうゆう)」によって再建計画が成り、1760年(宝暦10年)に「三重塔」が完成、1761年(宝暦11年)に「金堂」・「南大門」の再建が成り、その後にようやく創建当初の様相(寺観)を取り戻しています。

さらにその後の1903年(明治36年)に国宝に指定登録され、大規模な解体修理が行われますが、1941年(昭和16年)に公布された第二次世界大戦時の「金属類回収令」によって三重塔が避雷針を失っています。

しかし1944年(昭和19年)には、さらに大きな不運に見舞われることになります。

その不運とは、避雷針を失った三重塔に落雷があり火事に見舞われてしまい、国宝の三重塔が焼失に至ります。

その後の1975年(昭和50年)に日本全国から浄財を集めて再建が成り、三重塔だけではなく創建当初の伽藍の威容を取り戻し現在に至っています。

尚、現在に至っては「法輪寺」と呼称される寺院は日本全国にいくかありますが、奈良・法輪寺は「聖徳宗の寺院」となりますので他の法輪寺とは異なる寺院となります。

奈良・法輪寺の伽藍配置図

法輪寺の「創建当初の記録」や、それ以後の記録は「江戸初期まで無い」に等しく、創建当初の伽藍の配置図が不明であったとされてきました。

しかし、法輪寺の鎌倉時代の伽藍の様子を描いた古地図が寺に伝わっており、これをもとにして1950年(昭和25年)に調査を行ったところ、なんと!「法隆寺と類似した伽藍」が7世紀の後期(650年から700年あたり)には成立していたことが明らかにされています。

%e9%8e%8c%e5%80%89%e6%99%82%e4%bb%a3%e3%81%ae%e6%b3%95%e8%bc%aa%e5%af%ba%e3%81%ae%e4%bc%bd%e8%97%8d%e9%85%8d%e7%bd%ae%e5%9b%b3↑鎌倉時代の法輪寺の伽藍配置図(画像引用先:法輪寺HP

「法隆寺式の伽藍」とは「金堂」「仏塔」を中心として「南に中門」を配し、これらを取り巻く形で「廻廊」を回し、「南の中門」と相対する形で北の廻廊外に「講堂」を配置するような伽藍配置のことです。

現在の法輪寺には廻廊はありませんが、かつては廻廊が存在したようです。

参考例:法輪寺の現在の伽藍(境内図)

%e5%a5%88%e8%89%af%e3%83%bb%e6%b3%95%e8%bc%aa%e5%af%ba%e3%81%ae%e7%8f%be%e5%9c%a8%e3%81%ae%e4%bc%bd%e8%97%8d%e9%85%8d%e7%bd%ae%e5%9b%b3画像引用先:法輪寺HP

  1. 三重塔
  2. 金堂
  3. 講堂(収蔵庫)
  4. 妙見堂
  5. 鬼子毋神堂
  6. 地蔵堂
  7. 鐘楼
  8. 会津八一歌碑
  9. 西門(上土門)
  10. 南門
  11. 庫裏

奈良・法輪寺の「御朱印の種類・値段・場所」

奈良・法輪寺でもオリジナルの御朱印を授与することができます。

御朱印の種類は5種類あり、中には期間限定の御朱印も存在します。

「薬師如来」の御朱印

法輪寺の基本の御朱印です。窓口でお願いすると大抵、この御朱印を授かることができます。

中央に「薬師如来」の墨書きと押印が2箇所あります。

%e6%b3%95%e8%bc%aa%e5%af%ba%e3%80%8c%e8%96%ac%e5%b8%ab%e5%a6%82%e6%9d%a5%e3%80%8d%e3%81%ae%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0

「釈迦如来」の御朱印(法輪寺の期間限定の御朱印)

この御朱印は旧・国宝「三重塔」の「再建記念日(特別展)」にのみ、授与していただける法輪寺の「期間限定の御朱印」となります。

%e5%a5%88%e8%89%af%e6%b3%95%e8%bc%aa%e5%af%ba%e3%83%bb%e9%99%90%e5%ae%9a%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0

「虚空菩薩」の御朱印

同様に中央に「虚空菩薩」の墨書きがあります。
薬師如来と同じ押印が中央に2箇所あります。

%e6%b3%95%e8%bc%aa%e5%af%ba%e3%83%bb%e3%80%8c%e8%99%9a%e7%a9%ba%e8%8f%a9%e8%96%a9%e3%80%8d%e3%81%ae%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0

「聖徳太子霊跡16番札所」の御朱印

中央に「山背王誕生水」と墨書きされ、右上に「聖徳太子霊跡16番札所」の押印があります。

大和北部八十八箇所霊場第53番札所の御朱印

中央に「十一面観音」と墨書きがあり、右上に「大和北部八十八箇所霊場第53番札所」の押印があります。

御朱印の値段

  • いずれも300円
授与場所

  • 法輪寺境内寺務所

奈良・法輪寺の「見所(見どころ)重要文化財・仏像一覧」

奈良・法輪寺「木造弥勒菩薩立像」【重要文化財】

%e5%a5%88%e8%89%af%e3%83%bb%e6%b3%95%e8%bc%aa%e5%af%ba%e3%80%8c%e6%9c%a8%e9%80%a0%e5%bc%a5%e5%8b%92%e8%8f%a9%e8%96%a9%e7%ab%8b%e5%83%8f%e3%80%8d%e3%80%90%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1

造立年

  • 不明
  • 794年(延暦13年)から1185年(文治元年)平安時代
像高

  • 157.3cm
造立方法

  • 一木造
材質

  • 檜(ヒノキ)
重要文化財指定年月日

  • 1899年(明治32年)8月1日

法輪寺「木造弥勒菩薩立像」の歴史・特徴

「木造地蔵菩薩立像」や「木造吉祥天立像」と同様にかつては金堂に安置されており、現在は講堂に安置されています。
造立当初は、極彩色の像であったとされ、部分的に彩色が残っています。

奈良・法輪寺「木造地蔵菩薩立像」【重要文化財】

%e6%b3%95%e8%bc%aa%e5%af%ba%e3%83%bb%e6%9c%a8%e9%80%a0%e5%9c%b0%e8%94%b5%e8%8f%a9%e8%96%a9%e7%ab%8b%e5%83%8f%e3%80%82%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1

造立年

  • 不明
  • 900年(昌泰3年)から1000年(長保2年/平安時代)
像高

  • 149.8cm
造立方法

  • 一木造
材質

  • 檜(ヒノキ)
重要文化財指定年月日

  • 1923年(大正12年)3月28日

奈良・法輪寺「木造地蔵菩薩立像」の歴史・特徴

木造吉祥天立像と同じく、もとは境内の金堂で安置されていた仏像です。
現在は講堂で安置されています。
一見すると素木造りの素朴な像に見えますが、造立当初は極彩色であったそうです。

奈良・法輪寺「木造吉祥天立像」【重要文化財】

%e5%a5%88%e8%89%af%e3%83%bb%e6%b3%95%e8%bc%aa%e5%af%ba%e3%80%8c%e6%9c%a8%e9%80%a0%e5%90%89%e7%a5%a5%e5%a4%a9%e7%ab%8b%e5%83%8f%e3%80%8d%e3%80%90%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1%e3%80%91

造立年

  • 不明
  • 950年(天暦4年)から1000年(長保2年)平安時代
像高

  • 171.3cm
造立方法

  • 一木造
材質

重要文化財指定年月日

  • 1923年(大正12年)3月28日

奈良・法輪寺「木造吉祥天立像」の歴史・特徴

創建以来、金堂に安置されていた仏像です。
現在は講堂内で安置されています。
「吉祥天(きっしょうてん)」は「吉祥」の「天」と書きます。
「吉祥」とは古来から「良いことが起こる兆し」のことを指します。
祈りを捧げることで運気がUPするかもしれません。ウフ


スポンサードリンク -Sponsored Link-






奈良・法輪寺「竜鬢褥」【重要文化財】

%e5%a5%88%e8%89%af%e3%83%bb%e6%b3%95%e8%bc%aa%e5%af%ba%e3%80%8c%e7%ab%9c%e9%ac%a2%e8%a4%a5%e3%80%8d%e3%80%90%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1%e3%80%91

製作年

  • 不明
  • 593年(推古天皇元年)から784年(延暦3年)平安時代
大きさ

  • 縦72cm
  • 横77cm
造立方法

  • 一木造
材質

  • 藺(い)・絹
重要文化財指定年月日

  • 1959年(昭和34年)6月27日

奈良・法輪寺「竜鬢褥」の歴史・特徴

「竜鬢褥」とは「りゅうびんじょく」と読み、わかりやすく言うと「い草」で製作された飛鳥時代から奈良時代の「御座(ござ)」です。
「麦わら」と「いぐさ」を用いた5色の糸を作り、刺繍を施し図様を表現しています。

奈良・法輪寺「塔心礎納置銅壺」【重要文化財】

%e5%a5%88%e8%89%af%e3%83%bb%e6%b3%95%e8%bc%aa%e5%af%ba%e3%80%8c%e5%a1%94%e5%bf%83%e7%a4%8e%e7%b4%8d%e7%bd%ae%e9%8a%85%e5%a3%ba%e3%80%8d%e3%80%90%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1%e3%80%91

製作年

  • 不明
  • 593年(延暦13年)から645年(文治元年)飛鳥時代
大きさ

  • 総高8.5cm
  • 口径7.1cm
  • 胴径11.3cm
  • 底径7.3cm
材質

  • 銅製
重要文化財指定年月日

  • 1960年(昭和35年)6月9日

奈良・法輪寺「塔心礎納置銅壺」の歴史・特徴

旧・法輪寺の国宝「三重塔」のお宝です。
三重塔の「心礎(しんそ)」と呼称される「心柱の下に敷く石」の穴の中に埋まっていた「骨壷(仏舎利)」です。
三重塔創建時(飛鳥時代・白鳳期)に製作されたとされる歴史ある壺です。

※上記の画像は「参考画像」です。

奈良・法輪寺「宝塔文磬」【重要文化財】

%e5%a5%88%e8%89%af%e3%83%bb%e6%b3%95%e8%bc%aa%e5%af%ba%e3%80%8c%e5%ae%9d%e5%a1%94%e6%96%87%e7%a3%ac%e3%80%8d%e3%80%90%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1%e3%80%91

製作年

  • 不明
  • 1050年(永承5年)から1185年(文治元年)平安時代後期
大きさ

  • 24cm
製造技法

  • 鍍金加工
  • 絃(裾張り)
材質

  • 銅製
重要文化財指定年月日

  • 1953年(昭和28年)3月31日

奈良・法輪寺「宝塔文磬(多宝塔文磬)」の歴史・特徴

「磬(けい)」とは、中国の打楽器の一種で、戦いの時に合図としても鳴らしていたそうです。
日本へは奈良時代に伝来し、銅や鉄で製作された「磬」を仏教に取り入れ、主に読経の際に鳴らして使用していたようです。
※上記の画像は、長野県駒ヶ根市の「長春寺」の「磬」です。

奈良・法輪寺「鴟尾残闕(鴟尾瓦)」【重要文化財】

%e5%a5%88%e8%89%af%e3%83%bb%e6%b3%95%e8%bc%aa%e5%af%ba%e3%80%8c%e9%b4%9f%e5%b0%be%e6%ae%8b%e9%97%95%e9%b4%9f%e5%b0%be%e7%93%a6%e3%80%8d%e3%80%90%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1%e3%80%91

製作年

  • 592年(崇峻天皇5年)から710年(和銅3年)飛鳥時代
大きさ

  • 高さ:約70cm
  • 前後の長さ:約54cm

奈良・法輪寺「鴟尾残闕(鴟尾瓦)」の歴史・特徴

法輪寺の鴟尾は創建当初・飛鳥時代の講堂跡から出土した歴史あるお宝の1つです。
「鴟尾(しび)」の「鴟(し)」は「鳥類のトビ(トンビ)」を意味しますが、古代中国では「蚩(し)」と読み、「海に棲まう海獣(怪獣)」のことを意味したようです。
「鴟」は、一応、空想上の生き物とはなりますが、水を自在に操れたと言います。
そんな理由から「雨乞い」や「火事」などの「水に関する加護の目的」で屋根の上の左右の端に「鴟」を崇める形で取り付けたそうです。

実は現代に至ってもこの風習は残っており、一般的には「鯱(シャチホコ)」として名前が知られています。
名古屋城の「金色の鯱(しゃちほこ)」が有名ですが、寺の鴟尾としては東大寺の屋根上の「金色の鴟尾」が有名です。

奈良・法輪寺の「拝観料金(入場料金)・拝観可能時間(営業時間)・定休日」

拝観料金

  • 大人:500円
  • 中学生・高校生:400円
  • 小学生:200円
割引※団体割引(30名以上が対象)

  • 大人:400円
  • 中学生・高校生:320円
  • 小学生:160円
拝観可能時間(営業時間)

  • 3月~11月末日:8時から17時まで
  • 12月~2月末日:8時から16時30分
定休日

  • なし(年中無休)

奈良・法輪寺の境内案内地図

奈良・法輪寺は崇敬者の手厚い加護のおかげで、現在に至っても伽藍が残っており境内には堂舎が立ち並び広々としています。

%e6%b3%95%e8%bc%aa%e5%af%ba%e5%a2%83%e5%86%85%e5%9b%b3

奈良・法輪寺へのアクセス・行き方「電車(JR)・徒歩・車(タクシー)」

奈良・法輪寺の最寄駅・最寄りバス停

  • 奈良・法輪寺の最寄バス停:「中宮寺前バス停」
  • 奈良・法輪寺の最寄駅:「JR大和小泉駅」、「JR法隆寺駅」

「JR奈良駅・近鉄奈良駅」から奈良・法輪寺へのアクセス・行き方「徒歩・JR」

JRと徒歩で法輪寺までアクセスする場合は、バスか徒歩で「JR奈良駅」を目指します。

近鉄奈良駅からJR奈良駅までは徒歩で約10分の距離にあり、大宮通り(国道369号線)をJR奈良駅の方向へ歩きます。

JR奈良駅からは上記の方法でJR法隆寺駅かJR大和小泉駅で下車して徒歩かタクシーでアクセスします。

  • JR奈良駅からJR法隆寺駅までの料金:220円(所要時間:11分)
  • JR奈良駅からJR大和小泉駅までの料金:180円(所要時間:8分)

%e8%bf%91%e9%89%84jr%e5%a5%88%e8%89%af%e9%a7%85%e3%81%8b%e3%82%89%e6%b3%95%e8%bc%aa%e5%af%ba%e3%81%be%e3%81%a7%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%b9%e8%a1%8c%e3%81%8d%e6%96%b9

「JR奈良駅・近鉄奈良駅」から奈良・法輪寺へのアクセス・行き方「奈良交通バス」

JR奈良駅・近鉄奈良駅からバスで法隆寺(斑鳩方面)を目指す場合は、下記の観光バスを利用します。

観光バスは奈良の主要観光スポットの最寄のバス停までアクセスしていますので大変、便利です。

奈良・西の京・斑鳩回遊ライン

「春日大社本殿~近鉄奈良駅~JR奈良駅~唐招提寺東口~薬師寺東口~法起寺前~法隆寺前」を運行するバスです。
JR奈良駅・近鉄奈良駅から法隆寺方面の主要な観光スポットを運行しています。

注意点としては、運行本数が限られており、おおよそ1時間に1本程度です。(詳細は奈良交通までお問い合わせください)

上手な利用の仕方は、あらかじめ奈良に着いたらスグに下記の「奈良交通バスの乗り放題チケット」を入手しておきます。

乗り放題チケットがあれば「奈良・西の京・斑鳩回遊ライン」にも適用が可能ですので大変、お得な利用方法であると言えます。

奈良交通バスのお得な「乗り放題フリーバスチケット」

奈良は東西に観光拠点が分布して点在しており、距離が離れた地域を小マメに移動しなければなりません。

従って、必需品の1つとも言えるのが奈良交通バスの「1日乗り放題チケット」です。

「奈良公園・西の京・法隆寺 世界遺産 1-Day Pass Wide」

  • 料金:大人1,000円、小児500円

注意点としては、「奈良公園・西の京 世界遺産 1-Day Pass(大人500円・小児250円 )」と呼称される「1日乗り放題のチケット」もありますが、このチケットはでは法隆寺の周辺付近の観光スポット(斑鳩方面)に適用できません。

「奈良・大和路 2-Day Pass」

1日では物足りないコノヤローのために、なんと!「2日間乗り放題チケット~」も販売されています。

  • 料金:大人1,500円、小児750円

奈良交通バス乗り放題チケットの販売場所

  • 奈良市内の主要な駅の奈良交通バスの案内所

奈良交通の連絡先(電話番号)

  • TEL:0742-20-3100(お客様サービスセンター)
  • 電話受付時間(営業時間):8時から19時30分/年中無休

「JR大和小泉駅」から奈良・法輪寺へのアクセス・行き方「徒歩」

JRで直接、法輪寺へアクセスされる場合は、JR西日本関西本線「大和小泉駅」で下車します。

しかしこの場合ですと徒歩で約30分ほどかかってしまいますので、あまり利口な選択だとは言えません。

%e3%80%8cjr%e5%a4%a7%e5%92%8c%e5%b0%8f%e6%b3%89%e9%a7%85%e3%80%8d%e3%81%8b%e3%82%89%e5%a5%88%e8%89%af%e3%83%bb%e6%b3%95%e8%bc%aa%e5%af%ba%e3%81%b8%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%b9%e3%83%bb

「JR大和小泉駅」から奈良・法輪寺へのアクセス・行き方「奈良交通バス」

JR大和小泉駅で下車して奈良交通のバスで「中宮寺前バス停」までアクセスし、後は徒歩で15分ほど歩きます。

詳しくは大和小泉駅から「81系統の奈良交通バス」へ乗車し「中宮寺前バス停」か「中宮寺東口バス停」で下車します。

  • バス所要時間:11分
  • バス料金:

「JR大和小泉駅」から奈良・法輪寺へのアクセス・行き方「タクシー」

  • タクシー料金:1600円以内
  • 距離:約3Km

法隆寺から奈良・法輪寺へのアクセス・行き方

法隆寺から法輪寺までは「徒歩で約25分」、「自転車で約15分」ほどで充分にアクセスが可能です。

法隆寺から法輪寺への道のりは「田んぼ」や「あぜ道」を見ることができ、なんとも言えないノンビ~リ♬とした気分になります。

その他、法隆寺の付近にある「法隆寺iセンター」では、「自転車をレンタル」できますので法輪寺までの道のりを自転車でサイクリングしてみるのも良いかもしれません。

肢体が不自由な方の場合、タクシーで法輪寺までアクセスすることになりますが、タクシーでの料金は800円以内、所要時間は10分ほどです。(周辺の混雑状況による)

%e6%b3%95%e9%9a%86%e5%af%ba%e3%81%8b%e3%82%89%e6%b3%95%e8%bc%aa%e5%af%ba%e3%81%be%e3%81%a7%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%b9%e8%a1%8c%e3%81%8d%e6%96%b9

奈良・法輪寺へのお問い合わせ「住所・電話番号・URL・駐車場」

奈良・法輪寺の駐車場(駐車料金・営業時間・定休日など)

奈良・法輪寺の駐車場は法輪寺の境内入口の前に「三井観光駐車場」があり、無料で駐車できます。

  • 駐車料金:無料
  • 駐車可能時間(営業時間):8時30分から17時まで(法輪寺の開門は朝8時~)
  • 定休日:なし
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ