法隆寺(金堂)・毘沙門天立像(吉祥天像)

スポンサードリンク

法隆寺(金堂)・毘沙門天立像(吉祥天像)【国宝】

法隆寺(金堂)・毘沙門天立像(吉祥天像)【国宝】↑毘沙門天像

  • 造立年:1078年(平安時代)
  • 国宝指定年月日:1951年6月9日
  • 作者:不明
  • 造り:一木造り
  • 材質:ヒノキ
  • 安置場所:法隆寺・金堂
像高

  • 約123cm(毘沙門天立像)
  • 約117cm(吉祥天像)

毘沙門天立像(吉祥天像)の読み方

法隆寺の境内には、漢字の羅列の読みにくい名前の仏像やお堂が、たくさんあります。

そして、「毘沙門天立像(吉祥天像)」の読み方は、「びしゃもんてん きっしょうてんぞう」と読みます。

えぇっ?!法隆寺に夫婦の仏様がいた?!

金堂「中の間」の釈迦三尊像の左右には、「吉祥天(きっしょうてん)」と「毘沙門天(びしゃもんてん)」が並んでいます。

実は、この二仏は「夫婦」なんです。驚きました?..ウフ

法隆寺(金堂)・毘沙門天立像(吉祥天像)【国宝】↑吉祥天像

法隆寺のこのカップルは、平安時代の作品とされ、現存する日本最古の吉祥天・毘沙門天像と云われております。

吉祥天・毘沙門天像が作られた理由

法隆寺の「吉祥天・毘沙門天像」が造立された由来とは、「吉祥悔過会(きちじょうけかえ)」という、「五穀豊穣を願う法会」においての本尊とするために、1078年(平安時代)に造立されました。

一木造りで彫られていますが、真っ二つにされて、中がくり貫かれていますので、重量は軽いです。

はぇっ?!「毘沙門天」と「多聞天」て同じ仏様だったの???

一般的にあまり知られていませんが実は、毘沙門天」と四天王の中の一天である「多聞天」は、同じ仏様だと云われています。

つまり、この多聞天は、四天王の一員の扱いでない時は「毘沙門天」と呼ばれるそうです。

比べるのは失礼かもしれませんが、2体の間に安置されている「釈迦如来様」に比べて、ぷっくりしていて、静寂を宿した人間的なお顔、そして感情のこもった表情で、親近感がわくお姿です。

四天王で知られる多聞天は邪鬼を踏みつけていますが、この毘沙門天像は、足元はただの台座です。

少し残念ですが、衣には彩色がキレイに残っているので、ぜひ、じっくりと観察してみてください。

製作時期は、かなり古くなりますが、多聞天も、この毘沙門天と同じく金堂に安置されているので、見比べてみるのもいいですね。

ポージングや、持っているものは似ていますが、表情や着衣はどうですか?似ていますか?

ちなみに、この多聞天を含む四天王像も「日本最古」です。

法隆寺には、なんと「最古」の多いことでしょう!

「法隆寺・毘沙門天立像(吉祥天像」の安置場所
  • 法隆寺・金堂
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ