奈良 法隆寺・中門(金剛力士像)【国宝】

スポンサードリンク

奈良 法隆寺・中門(金剛力士像)【国宝】

奈良 法隆寺・中門(金剛力士像)【国宝】

創建年

  • 不明
  • 推定593年から709年(飛鳥時代)
国重要文化財指定年月日

  • 1897年12月28日
国宝指定年月日

  • 1951年6月9日
大きさ(梁間=横幅)

  • 三間:約5.5m
  • 二戸四間:約7.2m
建築様式(造り)

  • 入母屋造
屋根造り

  • 本瓦葺
門の形式

  • 二重門

法隆寺・中門の読み方

法隆寺の境内には難しい漢字の表記で読みにくい名前の仏像や堂舎が存在しますが、「中門」は「ちゅうもん」と読みます。

法隆寺・中門の建築様式(造り)

二重門とは、一見すると楼門のように見えますが、楼門は2階部分に「縁(=廊下)」があります。

二重門とは、単純に2階立ての門で、各階に屋根が備え付けられている門のことを「二重門」といいます。

そして、もちろんの事、文化財が立ち並ぶ、法隆寺の中門は【国宝】に指定されている由緒ある歴史的建造物です。

法隆寺の中門は、南大門とは対照的に「彫刻の装飾がない」「質素な」けれども堂々とした、「法隆寺の門」と呼べるに相応しい、実に威勢の良い門です。

中門の少し離れた所から見ると、向かって「左に五重塔」、「右に金堂」、「手前に立派な松」が生い茂り、「今まさに法隆寺に来ているんだ!」・・などと興奮気味になってしまうような、素晴らしい景色が見られます。

しかしこの門、現在は出入口としては使われていません。

参拝客は中門脇の回廊から回り込んで、中に入ります。

奈良時代以前の寺院は一般的に南大門より中門が立派に作られているそうですが、こちらも例外ではありません。

奈良 法隆寺「中門・エンタシス」

まずは「エンタシス」と呼ばれる、上下の端が細く、その間が太い形の柱があります。

日本では、600年代に創建・再建された法隆寺より後の時代の建物には見られない形の柱です。

エンタシスの柱の形状に関しての詳細は当サイトの以下↓のページでご紹介をしています。

奈良 法隆寺「中門・金剛力士像(仁王像)」


スポンサードリンク -Sponsored Link-






法隆寺・金剛力士像「阿形(あぎょう)」【重要文化財】

法隆寺・金剛力士像「阿形(あぎょう)」【重要文化財】

造立年

  • 711年
大きさ

  • 像高:380cm
材質

  • 塑像(粘土)

法隆寺・金剛力士像「吽形(うんぎょう)」【重要文化財】

法隆寺・金剛力士像「吽形(うんぎょう)」【重要文化財】

造立年

  • 711年
大きさ

  • 像高:379cm
材質

  • 塑像(粘土) 
作者

  • 不明

木舞造りと「仁王像(塑像)の作り方とその素材」

現在、多くの寺院で見ることのできる仁王像は、おおよそ一本の木を彫り抜いた「一木造り(彫り)」と呼ばれる方式です。

これら一木彫りの多くは平安時代に造立された像に多く見受けられます。

しかし、法隆寺の仁王像は、木で彫った物ではなく、粘土で塗り固められれたものなのです。

通常は、「心木」と呼ばれる木材を中心として、竹などの軟質の木材を集めてきて、それを細かく縦の筋状に裁断します。

その後に、自らの創りたい形の造形に整えて、縄でククリ付けて組んで行きます。

組み終えた竹に粘土を用いて、自らの頭の中のイメージを模して行きます。

こうして、塑像が完成して行くのです。

しかし、この仁王像のように大きな物に関しては、木材とは違い、金属に近い物質が用いられました。

その代表的となるものが「銅」です。

銅を細く長細い形状に加工して、それを組んで形を整えて行きます。

形を整える際は、縄などでククリ付けてうまく形状を確保していきます。

その後、粘土で形を整えていき最後の調整として、粘土を削って形を整えていきます。

作成し終えた後は、自然乾燥によって乾かして完成です。

このようにして、作成された塑像が、近代化された現代に至るまで、数千年間もの間、ほぼ野ざらし状態で現存していること自体が、本当に奇跡という他ありません。

まさに、卓越した先人の職人たちの、知恵と技術と職人魂の結晶と言えます。

そして、これら法隆寺の中門の金剛力士像(重要文化財)は、奈良時代の作品で、現存する最古のものです。

法隆寺の金剛力士像も通常の金剛力士像と同じく「吽形(うんぎょう)」と「阿形(あぎょう)」です。

後の時代の補修で、見た目は多少変わってしまっているようですが、風も雨も容赦なく当たる場所に1300年以上立ち続ける立派なお姿です。

詳しくは、現代に至るまでに修繕費用や、技術的な関係で大規模な補修には至らずに、上から粘土を塗り重ねて補強していたようで、造立当時の面影は、像の奥に封印されたままとなっています。

が、しかし!1300年です。・・とてつもない年数です。

・・ハッキリ言って、驚きを通り越して言葉がでません。

ちなみに「黒っぽい吽形の方の仁王像」は、室町時代の大修理で部分的に木造になってしまっています。

なお、仁王像の前には木柵が設置されている程度で、鉄柵(網)などはかかっていないので、写真を撮ってもキレイに撮影が出来るハズです。

法隆寺・中門の場所

法隆寺・中門は金堂、五重塔を守護する門であり、金堂・五重塔の南側に位置します。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ