奈良 法隆寺・ 軒丸瓦

スポンサードリンク

奈良 法隆寺・ 軒丸瓦

まず、「軒丸瓦」の読み方は「のきまるがわら」と読みます。

社寺の「軒丸瓦」には、特徴的な柄がつけられることが多いので、法隆寺の「軒丸瓦」にも、ぜひ、注目してみてください。

まず、中門と金堂の軒丸瓦を見てみましょう。

奈良 法隆寺・ 軒丸瓦の「歴史・由来・意味」など

大きなお花はヒマワリの様にも見えますが、ここはお寺ですから、もちろん蓮の花です。

蓮花は、軒丸瓦のデザインの中でも一般的なモチーフです。

奈良 法隆寺・ 軒丸瓦の「歴史・由来・意味」など創建当初の「若草伽藍」から出土した瓦の研究によると、古くは型ではなく、手書き(手彫り)だったそうです。

ちなみに、丸瓦に挟まれている平瓦にも、唐草模様の様な柄がありますが、見えるでしょうか?

法隆寺 瓦 唐草模様600年代から700年代の日本の建築や工芸品のほとんどは、中国のデザインや先進的な技術を取り入れたものですが、平瓦に柄を描いた例は、法隆寺が初めだそうです。

最初は手書きだったことを考えると、かなりの労力ですが、他に派手な装飾の少ない飛鳥様式の建物に花を添える、粋な飾りだと思いませんか?

西円堂の軒丸瓦には、わかりやすく「法隆寺」という刻印があります。

西院伽藍の外側、西室の軒丸瓦に描かれた、ひし形が9つ並んだ模様は「九目結紋(ここのつめゆいもん)」といい、江戸時代に法隆寺の大修理を行った「桂昌院」の実家である、本庄家の家紋です。

江戸時代に法隆寺の大修理を行った「桂昌院(けいしょういん)」の実家である、本庄家の家紋

尚、桂昌院とは「けいしょういん」と読み、徳川家光の側室になり、つまりは嫁ハンになります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ