法隆寺に来たら忘れずに参拝!!法起寺の「歴史・由来・見どころ・御朱印の種類」など

スポンサードリンク

法隆寺に来たら忘れずに参拝!!法起寺の「歴史・由来・見どころ・御朱印の種類」など

奈良・法起寺【世界遺産】【史跡名勝天然記念物】

%e6%b3%95%e8%b5%b7%e5%af%ba%e3%81%ae%e5%a2%83%e5%86%85

創建年

  • 不明
  • 推定:638年(舒明天皇10年)
山号

  • 岡本山
宗派

  • 聖徳宗
本尊

  • 十一面観音菩薩
創建年

  • 舒明天皇10年(638年)
発願者

  • 聖徳太子
  • 山背大兄王
造営指揮(創建)

  • 福亮(僧侶)
別称

  • 岡本尼寺・岡本寺・池後寺・池後尼寺
札所指定番号

  • 聖徳太子霊跡・17番
  • 大和北部八十八ヶ所霊場・第52番
史跡名勝天然記念物指定年月日

  • 1993年11月30日(平成5年11月30日)

 

法起寺の読み方

現在の法起寺は「ほっきじ」「ほうきじ」と読みます。

現在では法起寺の読み方が統一され、正式名として「ほうきじ」と呼称するのが正しいようです。

法起寺は、古来では別称があり「岡本尼寺・岡本寺・池後寺・池後尼寺」とも呼称されていたようです。

法起寺の歴史・由来

法起寺は、付近に位置する法隆寺の管理下の寺院であり、法隆寺同様に世界遺産に指定登録されている寺院です。

その他、周囲を含めた景観が古来の姿を留めており、何より世界遺産に指定登録されていることから国指定の「史跡名勝天然記念物」にも登録されています。

法起寺の創建は古く、638年(舒明天皇10年)と伝えられており、中国・呉の出身の「福亮(ふくりゅう)」・俗称「熊凝(くまごり)」と呼ばれた僧侶によって創建されています。

創建当初の法起寺は「弥勒像」が1つと像を覆うお堂(金堂)だけが建立されていました。

685年(天武天皇14年)になると恵施(えせ)と呼称された僧侶によって三重塔の造営され、706年(慶雲3年)には塔の頂にある「露盤(ろばん)」が設置されています。

「露盤」の銘文に記載された「岡本宮」の存在

おおよその建造物には、その建造物に造営に携わった職人たちの手によって、建造物のパーツの裏側などに造営年や職人の名前が落書き調で記載されていることがあります。

それがこの法起寺の三重塔の「露盤(ろばん)」から見つかっており、この露盤に刻まれた内容から法起寺の草創した年代が判明したそうです。

現在に至っては、当初の露盤は存在しないことから法起寺の創建年は不明とされてきましたが、1931年に会津八一と言う学者が発表した論文よって706年の創建は間違いではないと発表されています。

この説が正しいとするのであれば、法起寺の前身には寺院ではなく宮殿が造営されており、岡本宮と呼称されていたようです。

後に聖徳太子の息子の「山背大兄王(やましろのおおえのお)」によって「岡本宮」から「岡本寺」へと改名されており、宮殿を中心とした伽藍が形成されていたと言われています。

法起寺の伽藍配置図(過去・現在)

法起寺の伽藍は「金堂」・「三重塔」を中心として左右東西に「回廊」を回した本格的な伽藍が形成されていたと云われています。

創建当初の法起寺の伽藍の配置図は以下の通りです。

法起寺の伽藍は、法隆寺式の伽藍の配置図で構成されていますが、法起寺の場合は金堂と三重塔の位置が法隆寺とは真逆になっており、つまりは学会で「法起寺式」と言われるオリジナルの方式で伽藍が構成されています。

%e6%b3%95%e8%b5%b7%e5%af%ba%e3%83%bb%e5%a2%83%e5%86%85%e3%83%bb%e4%bc%bd%e8%97%8d%e9%85%8d%e7%bd%ae%e5%9b%b3この金堂と三重塔を中心として回廊を東西南北に回し、伽藍の北側奥には「講堂」が造営され、南には「中門」と呼称される門が造営され、これら講堂と門を回廊が連絡し繋いだ格好となっています。

  • 「金堂」とは、本尊を安置する安置している場所です。
  • 「講堂」とは、仏教の教えを説く場所です。
  • 「三重塔」とは、供養塔のことで、お釈迦さまの骨壺(仏舎利)を安置しています。

現在の法起寺の伽藍の配置図

過去の法起寺の伽藍は、一説によると岡本宮が存在した頃の伽藍の位置よりもかなり大きく、現在の倍ほどの規模を誇っていたと云われています。

現在の法起寺には金堂が代わりに「聖天堂」が境内の西門の付近に造営されています。

また、本尊は講堂に安置されていますが、現在では「講堂」や「本堂」とも呼称されています。

基本的に創建当初と現在では建造物が造営されていた場所は変わっていせんが、創建当初の伽藍は回廊外にも広大な敷地が広がっていたことが分かっています。

えぇっ?!奈良時代の法起寺は政治の中心的場所だった?!

奈良時代の法起寺は聖徳太子の庇護のもと、繁栄を極めていたとされ法隆寺と並び政治的な中心地であったと云われています。

しかし、法隆寺の衰退と共に序々に衰えて行き、江戸時代の初頭には僅かに三重塔を残すのみになっていたと云われています。

その約80年ほど経た1678年(延宝6年)に、法起寺の僧侶・真政圓忍(しんせいえんにん)が浄財を集めて三重塔の修理を行い、以降も浄財を集めつづけて1694年(元禄7年)には「講堂」の再建に成功しています。
その後の1863年(文久3年)に聖天堂が造営され再び、古来の繁栄を取り戻して行きます。

よって現在見ることのできる法起寺の姿は、先述した江戸時代の後期に再建時の姿になります。

尚、1982年(昭和57年)には、境内に「収蔵庫」が造営され、本尊である重要文化財の「十一面観音菩薩像」が遷され安置されています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






法起寺・三重塔【国宝】【世界遺産】

%e6%b3%95%e8%b5%b7%e5%af%ba%e3%83%bb%e4%b8%89%e9%87%8d%e5%a1%94

創建年

  • 不明
  • 推定:684年(天武天皇13年)~706年(慶雲3年)
再建(修復)

  • 1972年(昭和47年)
建築様式(造り)

  • 三重塔婆
大きさ

  • 四辺:三間(約6m)
  • 高さ:24m
屋根の造り

  • 本瓦葺
国宝指定年月日

  • 1951年6月9日(昭和26年6月9日)
重要文化財指定年月日

  • 1897年12月28日(明治30年12月28日)
世界遺産登録年月日

 

  • 1993年(平成5年)12月11日

法起寺・三重塔の歴史・由来

法起寺の三重塔はなんと!日本の三重塔としては、最古の建築を伝えるものです。

この法起寺の三重塔も法隆寺の五重塔と同じく初層・二層目と三層目では大きさが異なっており、三層目は初層よりも、もうひとまわり小さいサイズである四辺・4mとなっています。

四辺は四天柱が基本となって覆い、中心には八角形の心柱が通っています。

江戸時代に入ると三層目の大きが下層と均一にされ、つまりは四辺の長さが大きく造り替えられています。

創建当初には「卍崩しの高欄(手すり)」が設置されており、勇壮な威容を放っていましたが、時代を経る過程で失われており、1970年(昭和45年)から1975年(昭和50年)に行われた大改修によって解体され、下層の部材をもとにして創建当初の姿に復元されています。

尚、法起寺の三重塔は単独で1993年(平成5年)12月11日に「法隆寺地域の仏教建造物」として「ユネスコ世界遺産」の指定登録を受けています。

法起寺・十一面観音菩薩像【重要文化財】

%e6%b3%95%e8%b5%b7%e5%af%ba%e3%83%bb%e5%8d%81%e4%b8%80%e9%9d%a2%e8%a6%b3%e9%9f%b3%e8%8f%a9%e8%96%a9%e5%83%8f

造立年

  • 不明
  • 推定:950年から1000年(平安時代後期)
造立様式

  • 一木造り
大きさ

像高3.5m

材質

十一面観音菩薩像は、法起寺の本尊であり、現在は境内の収蔵庫に安置されていますが、以前は、境内の講堂(本堂)に安置されていました。

作者は不明とされており、平安時代の作と伝えられています。

材料は「杉」で造立されており、造立方法は一木造り(いちぼくづくり)で造立されています。

法起寺の御朱印の「種類・値段」

法起寺には、一見すると御朱印がなさそうですが、法起寺でも御朱印をいただくことができます。

種類は確認できているだけで2種類あります。

法起寺の本尊・「十一面観音菩薩」の御朱印

中央に「十一面観音」と墨書きがあり、中央に2箇所と右上に1箇所、押印があります。

%e6%b3%95%e8%b5%b7%e5%af%ba%e3%81%ae%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0

  • 「十一面観音菩薩」の御朱印の値段:300円
  • 御朱印の授与場所:境内の授与所

法起寺の「聖徳太子霊跡・17番」の御朱印

この御朱印は、中央に「法華経請讃・岡本宮」の墨書きがあります。

「十一面観音菩薩」の御朱印との違いは、右上に「聖徳太子霊跡・17番」の押印があります。

%e6%b3%95%e8%b5%b7%e5%af%ba%e3%83%bb%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b001

  • 「聖徳太子霊跡・17番」の御朱印の値段:300円
  • 御朱印の授与場所:境内の授与所

奈良・法起寺の「拝観料金・拝観可能時間・見学所要時間」

法起寺の拝観料金(入場料金)

大人(中学生・高校生・大学生)

  • 300円
団体割引(30名以上)

  • 大人:250円
  • 高校生:200円
  • 中学生:150円

法起寺の拝観可能時間

  • 2/2~11/3:8時30分から17時
  • 11/4~2/21:8時30分から16時30分

奈良・法起寺へのお問い合わせ先「住所・電話番号・定休日」

  • 住所:〒636-0102 奈良県生駒郡斑鳩町岡本1873
  • TEL:0745-75-5559
  • 定休日:なし(年中無休)
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ