法隆寺・大宝蔵院と保管仏像(百済観音像・夢違観音像など) 一覧

スポンサードリンク

法隆寺・大宝蔵院と保管仏像(百済観音像・夢違観音像など) 一覧

法隆寺・大宝蔵院と保管仏像(百済観音像・夢違観音像など) 一覧↑法隆寺・百済観音堂

竣工年

  • 1998年
設計者

  • 竹中工務店
建築様式(造り)

  • 鉄筋コンクリート造
  • 鉄骨造
  • 寄棟造
屋根の造り

  • 本瓦葺き
階数

  • 地上1階
  • 地下1階

法隆寺・大宝蔵院の構成と配置案内図

法隆寺・大宝蔵院の構成と配置案内図法隆寺・大宝蔵院は「口」という漢字の形状をして造営されています。

  • 西側には「西宝殿」
  • 東側には「東宝殿」

があります。

それぞれが回廊で結ばれており、その東西の回廊が合流する地点に、大宝蔵院のシンボルともなる「百済観音堂」が建立されています。

1998年(平成10年)完成。
施工は竹中工務店です。

法隆寺・大宝蔵院「百済観音堂」

法隆寺・大宝蔵院「百済観音堂」は、西伽藍から東へ歩いてすぐの場合にあります。

法隆寺・百済観音堂は、「百済観音像【国宝】」を安置するために造営された施設です。

内部は空調管理などの最新鋭の保管設備が万全の状態で整っており、歴史的な仏像も未来永劫、より安全に安置できます。

法隆寺・百済観音堂は、特に古代の建造物が立ち並ぶ法隆寺の境内の中でも一際、まばゆいばかりの光を打ち放っており、白い壁に朱の柱が、まぶしい外見で目を引くことでしょう。

ここで拝める、百済観音像こと「観音菩薩立像」は、教科書や歴史の資料集でもお馴染みですね。

金堂の釈迦三尊像などとは様式に明らかな差があり、伝来に関しても不明なことが多い観音様です。

しかし、その穏やかな表情、緩やかな曲線美に目を見張るものがあり、見ているうちに惹き込まれてしまい、騒がしい日常を忘れ、自分の気持ちが安らいでいることを感じます。

もう1つの有名な「観音菩薩立像」は、別名「夢違観音」といいます。

江戸時代の書物にある「悪夢を見た時にこの観音様に祈ると、良い夢に変えていただける」という記述から広まった名前だそうです。

高さ2m以上の百済観音と比べると、90cmほどのこの観音様は小柄で、しかもフっくらとしていて、どこか親しみやすいお姿です。

他にも、推古天皇が所持されていたと云われる「仏殿の玉虫厨子」など、多くの国宝や重要文化財が見られます。

展示替えも行われるので、法隆寺を訪れたらその度に見に行きたいものです。

似た名前ですが、「大宝蔵殿」というのは別の建物で、大宝蔵院の完成まで、寺宝が公開されていた場所です。

大宝蔵殿・百済観音堂の展示寺宝 一覧

  • 百済観音立像(飛鳥時代)【国宝】
  • 夢違観音像(像高:209cm/白鳳時代)【国宝】
  • 玉虫厨子(飛鳥時代)【国宝】
  • 金銅阿弥陀三尊像
  • 橘夫人厨子(白鳳時代)
  • 百万塔
  • 白檀造り
  • 九面観音像
  • 金銅小壁画(天上人画)

など、他、数点が安置されています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ