法隆寺東院「伝法堂」【国宝】

スポンサードリンク

奈良・法隆寺東院「伝法堂」【国宝】

奈良・法隆寺東院「伝法堂」

創建年

  • 739年(天平11年)
建築様式(屋根の建築造り)

  • 切妻造
  • 一重
  • 本瓦葺
大きさ

  • 桁行(奥行き)7間(約13.5m)
  • 梁間(横幅)4間(約11m)
大きさ(創建当初)

  • 桁行(奥行き):5間(約12m)
  • 梁間(横幅):4間(約11m)
国宝指定年月日

  • 1951年(昭和26年)6月9日

法隆寺・伝法堂の読み方

法隆寺の境内には難しい漢字の表記で読みにくい名前の仏像や堂舎が存在しますが、伝法堂は「でんぽうどう」と読みます。

奈良・法隆寺東院「伝法堂」の歴史・由来

法隆寺・東院の「伝法堂」は、東院伽藍の講堂に相当する堂舎になります。

739年(天平11年)に聖武天皇の夫人である「橘古那可智(たちばなのこなかち)」の住居を移転して仏堂にしたものと伝えられています。

橘古那可智は仏教に対して並々ならなぬ感心を抱いていたと云われ、そのために自らの邸宅を法隆寺へ寄進したものと考えられています。

また「武家屋敷」というのは日本各地に残っていますが、平安時代以前の貴族の住居というのは、ほとんど現存しないことから大変貴重な遺構です。

以上のような経緯から、この法隆寺・伝法堂は1951年(昭和26年)6月9日に国宝指定を受けている堂舎となります。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






建築様式(造り)

妻側の軒下の壁面は二重虹梁(にじゅうこうりょう)で組まれており、これは天平時代に流行した組み方です。

白壁に装飾のない柱と言ったシンプルで整った外観が映えます。

この当時の寺院は土間建築がほとんどですが、内側は創建当初から床が張られているのが特徴的であり、はたまた「橘古那可智」の住居であった証拠を示す遺構の1つとなります。

平側の壁面に中備(なかぞなえ)はなく、斗栱(ときょう)は「大斗肘木(だいとひじき)」が四辺に組まれており、その間に梁(りょう)と長押(なげし)を通してこれを連絡しています。

このような梁や長押しと言った水平材(横向きの木材)に比べて、縦に立つ柱が極端に太いのも天平時代の建築物の特徴です。

瓦屋根の裏側は禅宗様を示す、繁垂木(しげたるき)で組まれているのが伺えます。

内部は西院伽藍の金堂のように、東の間、中の間、西の間に分かれていて、それぞれに阿弥陀三尊像(重要文化財)が安置されています。

他にも、梵天・帝釈天立像、四天王立像、阿弥陀如来坐像、釈迦如来坐像、薬師如来坐像、弥勒仏坐像(以上、重要文化財)などの仏像が安置されています。

ただし、これらの仏像群は7月24日夕方の「東院地蔵会」の時しか拝観することができません。

2010年(平成22年)の「平城遷都1300年祭」の時は、10日間の御開帳(特別一般公開)が開催されています。また機会は訪れるのでしょうか・・。

伝法堂の地下から発見された「とあるもの」

1939年(昭和14年)には、この伝法堂で発掘調査が行われています。

この調査では、なぁんとぉぅ!かつて東院伽藍に存在したとされる斑鳩宮に使用されていた礎石が発見されています。

この調査の結果から法隆寺と聖徳太子の関係や、斑鳩宮が存在した事実までもが明らかにされています。

法隆寺・伝法堂の場所

  • 東院伽藍の北側にある建物になります。

 

法隆寺境内に案内図は以下の別ページでご紹介しております。

奈良・法隆寺の入場料金(値上げ理由、割引情報)、拝観(見学)所要時間と境内のオススメの周り方

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ