法隆寺東院「伝法堂」

スポンサードリンク

奈良・法隆寺東院「伝法堂」【国宝】

奈良・法隆寺東院「伝法堂」

創建年

  • 739年(天平11年)
国宝指定年月日

  • 1951年(昭和26年)6月9日
法隆寺・伝法堂の建築様式(屋根の建築造り)

  • 切妻造
  • 一重
  • 本瓦葺
法隆寺・伝法堂の大きさ

  • 桁行(奥行き)7間(約13.5m)
  • 梁間(横幅)4間(約11m)

※創建当初は大きさが異なっていたようです。↓

創建当時の伝法堂の大きさ

  • 桁行(奥行き):5間(約12m)
  • 梁間(横幅):4間(約11m)
法隆寺・伝法堂の場所

  • 東院伽藍の北側にある建物になります。

奈良・法隆寺東院「伝法堂」の歴史・由来

法隆寺・東院の「伝法堂」は、739年(天平11年)に聖武天皇の夫人である「橘古那可智(たちばなのこなかち)」の住居を移転して、仏堂にしたものと云われています。

橘古那可智は仏教に対して並々ならない感心を抱いていたと云われ、そのため自らの邸宅を法隆寺へ寄進したものと思われます。

また「武家屋敷」というのは日本各地に残っていますが、平安時代以前の貴族のお屋敷というのはほとんど現存しないため、大変貴重な遺構です。

以上のような経緯から、法隆寺・伝法堂は1951年(昭和26年)6月9日に国の「国宝」の指定を受けているお堂になります。

建築様式(造り)

妻側の軒下の壁面は二重虹梁(にじゅうこうりょう)で組まれており、これは天平時代に流行した組み方です。

白い壁に装飾のない柱と言ったシンプルで整った外見が映えます。

またテラスの様な部分も見えます。

ちなみに、梁(りょう)や長押し(なげし)と言った横向きの木材に比べて縦の柱が極端に太いのが、天平時代の建築物の特徴だそうです。

内側は、床がはってあるのが特徴です。昔のお寺は土間ですからね。

平側の壁面に中備はなく斗栱(ときょう)は「大斗肘木(だいとひじき)」が四辺に回っており、その間に梁と長押を通してこれを連絡しています。

瓦屋根の裏側には繁垂木(しげたるき)で組まれているのが見えます。

内部は西院伽藍の金堂のように、東の間、中の間、西の間に分かれていて、それぞれに阿弥陀三尊像(重要文化財)が安置されています。

他にも、梵天・帝釈天立像、四天王立像、阿弥陀如来坐像、釈迦如来坐像、薬師如来坐像、弥勒仏坐像(以上、重要文化財)と盛りだくさんのお堂ですが、通常は7月24日夕方の、東院地蔵会の時しか拝めません。

2010年の「平城遷都1300年祭」の折は10日間の特別開帳があったのですが、またの機会は訪れるのでしょうか・・。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ