法隆寺・西円堂「薬師如来坐像」【国宝】

スポンサードリンク

法隆寺・西円堂「薬師如来坐像」【国宝】

法隆寺・西円堂・薬師如来坐像

造立年

不明
奈良時代

像高

246.3㎝

造立方法

脱活乾漆造

安置場所

西円堂

薬師如来座像の読み方と別名

法隆寺境内には難しい名前の仏像や堂舎がありますが、薬師如来座像は「やくしにょらいざぞう」と読みます。

尚、この薬師如来座像は古くから別名で「峰の薬師」とも呼ばれ、多大な崇敬が現在も変わらず寄せられています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






薬師如来坐像の歴史・特徴

西円堂の最大の魅力は、「薬師如来坐像」です。

「薬師如来坐像」は「やくしにょらいざぞう」と読み、上述したように西円堂の創建当初から存在すると云われる仏像です。

西円堂の薬師如来坐像は、「乾漆造り(かんしつつくり)」で造立されており、「漆(うるし)」を「麻布(まふ)」で塗り固めた像です。

木屎漆(こくそうるし)を用いて表面を塗り固め造形していますので造形美が感じ取れます。

木屎漆は漆に木クズを混ぜたドロっとした液体になります。

脱活とは「だっかつ」と読み、内刳り(空洞)を意味します。

西円堂の薬師如来坐像は、脱活乾漆造りで現存している像としては日本最古とも云われています。

1953年(昭和28年)には国宝指定を経て、現在に至ってもこの西円堂で大切に安置されています。

また、法隆寺・西円堂の薬師如来坐像は行基菩薩(行基)の作と云われており、少し小高い山の上に西円堂があることから「峯の薬師(峰の薬師/みねのやくし)」と呼ばれ、古来、変わらず篤い崇敬が寄せられています。

像高は「2m25cm」で、少し怒ったような強ばったお顔されております。

まるで、『激ムカついてムカっ!イラっ!・・とキタけど・・、いや、ここで爆発したら器が小さいと思われる・・まぁまぁまぁここは抑えて抑えて・・クっ!』みたいなお顔に見えます。

しかし、それとは逆に大変、徳の高さを感じることができ、幾世分も蓄積された霊験を感じずにはいられません。

西円堂の御本尊・薬師如来のご利益

この西円堂の御本尊・薬師如来は「耳の病にご利益がある」とのことから、古来から「錐(きり)」を奉納する風習があります。

つまり「ふさがった耳の穴に錐で穴を開ける」の意です。..キリキリキリ..ヒっヒっヒっ..。ギゃ~(恐)!!

他にも、健康長寿、病気全般において平癒にもご利益があります。

薬師如来座像の安置場所

薬師如来座像は西円堂に安置されています。西円堂は南大門をくぐって左奥になります。金堂・五重塔を取り巻く回廊の鐘楼の付近に位置します。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ