法隆寺(夢殿)・救世観音菩薩立像 【国宝】

スポンサードリンク

法隆寺(夢殿)・救世観音菩薩立像【国宝】

法隆寺(夢殿)・救世観音菩薩立像【国宝】

  • 重要文化財指定年月日:1897年12月28日
  • 国宝指定年月日:1951年6月9日
  • 像高:約180cm
  • 造立年:推定629-655年(舒明天皇元年-斉明天皇元年/飛鳥時代)
  • 作者:不明
  • 造り:一木造り
  • 材質:白檀(びゃくだん)の木
  • 安置場所:法隆寺・夢殿

救世観音菩薩立像の読み方

法隆寺の境内には、たくさんの仏像が安置されており、さらにお堂が立ち並んでいます。

特に仏像などの場合、大抵、漢字の羅列で非常に読みづらいものとなります。

そして、この「救世観音菩薩立像」の読み方ですが「ぐぜかんぜおんぼさつ」と読みます。

救世観音菩薩立像の説明・解説

夢殿の「観音菩薩立像(救世観音)」は、聖徳太子の在世中に作られた、聖徳太子の等身大の像だと言われています。

つまり、聖徳太子と同じくらいの身長をした像ということになります。
※聖徳太子の身長:約180cm

しかし、当時の日本人にとっての180cmはけっこうな大男でしょうから、何らかの理由で180cmと、いうことにしたのかもしれません。

739年に夢殿に納められて以降、「観音菩薩立像(救世観音)」は、完全なる秘仏であり続けました。

理由は不明ですが、当時、都で伝染病が蔓延し、政治の中心にいた人物も相次いで病に倒れ、これを聖徳太子の怨霊によるものと考えた人々が、供養のため夢殿を建てたとも云われています。

ゆえに救世観音の「封印」を解くと聖徳太子の怒りに触れ、天罰があると信じられ、法隆寺の僧侶も拝めなかったのだとか。

その「封印」を解くきっかけになったのは、明治時代、調査のため「フェノロサ」らが法隆寺を訪れ、開帳を迫ったことです。

そして、フェノロサたちは法隆寺の僧侶たちへ、説得に説得を重ね、やっとのことで「秘仏公開」となったのです。

その時まで布や和紙でグルグル巻きだったおかげで、救世観音の保存状況は極めて良好です。

年にたった2回の公開?!法隆寺・救世観音の開帳について

法隆寺・夢殿の「観音菩薩立像(救世観音)」は、平安時代の後期(1180年頃)には、すでに絶対秘仏として扱われていたようです。

しかし、現在の法隆寺の夢殿では「救世観音」を以下の年に2回、一般の参拝者の方々にも、御開帳(公開)しています。

  • 【1回目の御開帳の日程】4月11日から5月18日
  • 【2回目の御開帳の日程】10月22日から11月22日

他にも公開日の初日の朝と、最終日の夕方には法要も営まれます。

「法隆寺・観音菩薩立像(救世観音)」の安置場所

  • 法隆寺・夢殿
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ