学生のあなたは必見っ!!法隆寺の俳句を作る際の「こんなコツと裏ワザ」

スポンサードリンク

学生のあなたは必見っ!!法隆寺の俳句を作る際の「こんなコツと裏ワザ」

よし!みんな!修学旅行に行ったら俳句を作ってくるんだぞ!分かったな!!

・・などと言って、突然の俳句作りの宿題を出されて困っていませんか?

俳句作りの宿題に焦ってしまう前に、少し予習してから現地に行ってみましょう!

いつもとは違った視点の、違った表現を思い付くかもしれませんよ。

まずは、法隆寺を現す代表句はコレ!

学生のあなたは必見っ!!法隆寺の俳句を作る際の「こんなコツと裏ワザ」

法隆寺を代表する俳句と言えば、真っ先にこの俳句が出てきます。

『 柿くへば..鐘が鳴るなり..法隆寺 』

あまりにも有名ですね。

作者は「正岡子規(まさおか しき)

これは江戸時代に「俳諧(はいかい)」と呼ばれていたものを「俳句(はいく)」と名付け、「写実的な表現(写生)」を重視した「新しい俳諧のスタイル」を表現したものです。

これらは正岡子規を中心としたグループが中心となって俳句のブームを巻き起こし、時代を先導したと云われています。

法隆寺の俳句の作り方の基本

ではここで正岡子規の俳句を使って、学校で習った俳句のキホンや表現技法をおさらいしてみましょう。

柿くへば

「柿くへば」は「五音」です。

そして、「柿」は秋の季語ですね。

現代の俳句では、季語は絶対ではありませんが、特に情景を詠む場合は、あった方がいいでしょう。

「柿」と言うだけで「時期は10月末から11月にかけてです」という事実だけでなく、「過ぎた夏」、「もうすぐやってくる冬」といった季節のうつろい、肌寒さや物悲しさなどの、イメージまで喚起させられるわけです。

「くへば」

「くへば」は、この俳句の場合、単に「食べたら」くらいの意味です。

「鐘が鳴るなり」

次は「七音」です。

五感の中のいずれかの要素が入ると、読者のイメージを膨らませられる俳句になります。

さっき柿が口に入ったところでしたから、これは味覚も聴覚も意識した俳句になっているということですね。

休憩にと立ち寄った茶屋で柿を食べているという、最も身近な視点と、町中に響く鐘の音を並べることで、空間的にも広がりを持ったイメージが浮かびます。

なり」は切れ字として、意味を区切り、「詠嘆(えいたん/深く感激すること)」を表す役割を持っています。

」「かな」「けり」なども同じです。

「法隆寺」

最後は「五音」ですね。

ということで、「五・七・五の定型の俳句」でした。

中には、「字余り」「字足らず」「自由律」の俳句もあります。

名詞で終わるのは、「体言止め」という表現技法でしたね。

「インパクト」や「余韻」が大きくなります。

今まで柿の味や食感、鐘の響きや、その音が降り注ぐ、静かな町を思い浮かべたわけですが、ここで読者は初めて、急に立派な法隆寺の伽藍を、はっきりとイメージします。

なんとなく、この十七音のストーリーが、キレイにまとまった感じがしませんか?

ここまでストレートでなくても、景色や場所を詠み込むと、俳句の詠まれた場面を視覚的にイメージできていいですね。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






法隆寺の俳句を作る際の「素材集」

それでは皆さんが法隆寺に行って俳句を詠むために、ここでは法隆寺にある季節の情景、文化財で「五・七・五」に詠み込みやすい物をご紹介します。

もちろん、どんな言葉を選んでもOKですが、法隆寺らしさが欲しいあなたのために、少しだけヒントを用意してみました。

「春の季語」

  • 「桜」
  • 「朝桜」
  • 「夕桜」
  • 「夜桜」
  • 「しだれ桜」
  • 「彼岸桜」
  • 「糸桜」
  • 「入学式」
  • 「卒業式」
  • 「入社式」
  • 「新入生」

こホンっ!…それではココで「春の渾身の一句」

『 ホぉぅホケきょ..おにゅうの制服..さくら道。 』

「夏の季語」

  • 「安居(あんご)」
  • 「夏籠(げごもり)」
  • 「夏行(げぎょう)」
  • 「松落葉」
  • 「散松葉」
  • 「お盆」
  • 「盆踊り」
  • 「冷房(クーラー)」
  • 「かき氷」

こホンっ!…それではココで「夏の渾身の一句」

『 カブトムシ..ミヤマクワガタ..カブトムシ。 』

「秋の季語」

  • 「彼岸花(曼珠沙華)」
  • 「柿」
  • 「甘柿」
  • 「渋柿」」
  • 「紅葉(「もみじ」と読み、「こうよう」または「モミジ」の意味)」
  • 「盂蘭盆」
  • 「盆会」

こホンっ!…それではココで「秋の渾身の一句」

『 適温に..心を許し..今日、大食い。 』

「冬の季語」

  • 「正月」
  • 「節分」
  • 「みかん」
  • 「こたつ」
  • 「コート」
  • 「ちゃんちゃんこ」

こホンっ!…それではココで「冬の渾身の一句」

『 雪だるま..あぁ雪ダルマ..雪だるま。 』

「その他」

  • 「法隆寺」
  • 「五重塔」
  • 「金堂」
  • 「夢殿」
  • 「子規」
  • 「太子」
  • 「薬師如来仏」
  • 「仁王像」

こホンっ!…それではココで「法隆寺の渾身の一句」

『 さくら道..匂いに誘われ..法隆寺 』

終わりに・・

法隆寺に行ったら五感を総動員して、ぜひ納得のいく一句を詠んでください!

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ