法隆寺(旧食堂・大宝蔵院)・「梵天像・帝釈天像」【重要文化財】

スポンサードリンク

法隆寺(旧食堂・大宝蔵院)「梵天像・帝釈天像」【重要文化財】

法隆寺(旧食堂/大宝蔵院)・梵天像/帝釈天像【重要文化財】↑帝釈天像

 

像高

  • 約110cm(帝釈天像)
  • 約110cm(梵天像)
造立年

  • 710年(和銅3年)から794年(延暦13年)※奈良時代
作者

  • 不明
造り

  • 塑造(そぞう)
材質

  • 粘土
重要文化財指定年月日

  • 1899年(明治32年)8月1日
安置場所

  • 法隆寺・大宝蔵院

 

大宝蔵院・梵天像・帝釈天像の読み方

法隆寺の境内には、漢字の羅列の連続で読みにく名前のお堂や仏像がありますが、大宝蔵院の読み方は「だいほうぞういん」と読みます。

梵天像は「ぼんてんぞう」と読み、帝釈天像は、「たいしゃくてんぞう」と読みます。

法隆寺・大宝蔵院「梵天像・帝釈天像」の説明と解説

法隆寺・大宝蔵院の向かい側に「食堂(じきどう)」があります。

梵天像・帝釈天像とも、以前は、この食堂で安置されていました。

他にも「金堂の薬師如来坐像」を中心に「梵天、帝釈天」を含んだ「四天王像」も、この食堂で安置されていたといいます。

しかし現在は「法隆寺・大宝蔵院」に遷されており、2仏のお姿を拝むことができます。

「法隆寺・大宝蔵院」は、平成10年(1988年)に完成した比較的新しい堂舎となります。

「梵天と帝釈天」は、釈迦に教えを広めることを勧めたとされる、仏法や仏教徒の守護神です。

四天王は、この二仏(梵天・帝釈天)に仕える立場の仏様となります。

さて、こちらの梵天・帝釈天像は塑像(粘土製の像)となります。

像高は110cmほどで、残念ながらもう色は見えませんが、造立当初は色が塗られていました。

法隆寺(旧食堂/大宝蔵院)・梵天像/帝釈天像【重要文化財】↑梵天像

材を用いて、まず、像の中心となる芯を作ってから造立したようで、それが如実にわかるのが帝釈天像の左足です。

靴が壊れていて、木でできた足の指が見えます。

どうせ靴を履かせてしまうのに、ここまでやったのか!・・などと、あまりにもの職人魂に驚いてしまいます。ぅぇっヘン

共に鎧の上に衣をまとっています。

衣はシンプルですが、頭飾りは装飾的。

この2体は、左右の頬の肉付きが微妙に違うという、製作者の工夫が見える面白いペアでもあります。

少し左向きの梵天は右側を厚めにして立体感を強調しています。

実際に目前にした際には、よくご覧になってください。

法隆寺「梵天像・帝釈天像」の安置場所

  • 法隆寺・大宝蔵院
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ