法隆寺(夢殿)・救世観音菩薩立像 【国宝】

スポンサードリンク

法隆寺(夢殿)・救世観音菩薩立像【国宝】

法隆寺(夢殿)・救世観音菩薩立像【国宝】

 

造立年

不明
推定629年-655年(舒明天皇元年-斉明天皇元年/飛鳥時代)

像高

178.8cm

造立方法

一木造り・漆箔造り

材質

クスノキ材

重要文化財指定年月日

1897年(明治30年)12月28日

国宝指定年月日

1951年(昭和26年)6月9日

作者

不明

安置場所

法隆寺・夢殿

救世観音菩薩立像の読み方

法隆寺の境内には、難しい漢字の羅列で表記された仏像や堂舎があり、読みづらいですが「救世観音菩薩立像」の読み方は「くせかんぜおんぼさつりゅうぞう」「ぐぜかんのんぼさつりゅうぞう」と読みます。

「救世」の読み方と意味

救世は「くせ」や「ぐぜ」と読み、これは「世の苦しみからあらゆる衆生を救済すること」の意味があります。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






救世観音菩薩立像の説明・解説

夢殿の「救世観音菩薩立像」は、聖徳太子の在世中に作られた、聖徳太子の等身大の像だと言われています。

つまり、聖徳太子と同じくらいの身長をした像ということになります。
※聖徳太子の身長:約180cm

しかし、当時の日本人にとっての180cmはけっこうな大男となることから、何らかの理由で180cmということにしたのかもしれません。

739年(天平11年/奈良時代)に夢殿に納められて以降、「救世観音菩薩立像」は完全なる秘仏であり続けました。

理由は不明ですが、当時、都で伝染病が蔓延し、政治の中心にいた人物も相次いで病に倒れ、これを聖徳太子の怨霊によるものと考えた人々が供養のため夢殿を建てたとも云われています。

救世観音菩薩立像は呪いを防ぐための封印だった?!

上述したように聖徳太子の怨霊説が広まったため、救世観音の「封印」を解くと聖徳太子の怒りに触れ、天罰があると信じられ、法隆寺の僧侶すら拝めなかったのだとか。

その「封印」を解くきっかけになったのは、明治時代、調査のため「フェノロサ」らが法隆寺を訪れ御開帳を迫ったことです。

そして、フェノロサたちは法隆寺の僧侶たちへ、説得に説得を重ね、やっとのことで「秘仏公開」となっています。

つまり、明治時代にフェノロサたちが訪れるまで、誰も見たことがない仏像ということになります。

幸いなこととしては、フェノロサによって発見されるまで、像が布や和紙でグルグル巻きに包まれていたおかげで、救世観音の保存状況は極めて良好だということです。

法隆寺・救世観音菩薩立像の特徴

この救世観音菩薩立像を正面から見れば分かりますが、アルカイックスマイルに左右対称で造立されている像容など飛鳥様式の特徴を濃く表しています。

肩から下方へ向けて垂れ下がる衣などは、写実的とは程遠く、見事なほど左右対称で造立されています。

胸前では両手を組み、その両手ので火焔宝珠(かえんほうじゅ)を掴んでいます。

材質はクスノキ材を用い、最後に漆の金箔押しで仕上げています。

クスノキ材は飛鳥時代の仏像には概ね使用されている樹木であり、この当時、クスノキの大木が法隆寺の周辺付近に数多く群生していたことが想像につきます。

救世観音菩薩立像の作者は「止利」??

法隆寺・金堂の釈迦三尊像を代表として、上述した左右対称の像容など、止利仏師の様式がみられます。

しかし、光背の火焔模様の渦の形状や、彫りの度合いが強く、これらの様式は止利仏師の仏像には見られない特徴です。

このことから、止利仏師の作ではないと考えられています。

ただし、光背だけ後の時代で造られたとも考えられることから、作者は「不明」とされています。

年にたった2回の公開?!法隆寺・救世観音の開帳について

法隆寺・夢殿「救世観音菩薩立像」は、平安時代の後期(1180年頃)には、すでに絶対秘仏として扱われていたようです。

以降、明治時代(1884年から1886年)にフェノロサ(アメリカの東洋美術史家)が法隆寺へ訪れるまで、布でグルグル巻きにされていたということは約700年間、誰も見たことがないということになります。

しかし現在の法隆寺の夢殿では「救世観音」を年に2回、以下の日程で一般の参拝者の方々に特別一般公開(御開帳)しています。

  • 【1回目の御開帳の日程】4月11日から5月18日
  • 【2回目の御開帳の日程】10月22日から11月22日

他にも公開日の初日の朝と、最終日の夕方には法要も営まれます。

「法隆寺・観音菩薩立像(救世観音)」の安置場所

  • 法隆寺・夢殿

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ