法隆寺・大宝蔵院観音堂「百済観音像(木造観音菩薩立像)」【国宝】

スポンサードリンク

法隆寺・大宝蔵院観音堂「百済観音像(木造観音菩薩立像)」【国宝】

法隆寺・大宝蔵院観音堂「百済観音像(木造観音菩薩立像)」【国宝】

  • 国宝指定年月日:1951年6月9日
  • 像高:約211cm
  • 造立年:西暦601年頃から650年/7世紀前半(飛鳥時代)
  • 作者:不明
  • 造り:一木造り
  • 材質:クスノキ
  • 安置場所:法隆寺・大宝蔵院「観音堂」

百済観音像(木造観音菩薩立像)読み方

奈良・法隆寺の境内には、読みにくい名前の仏像やお堂がたくさんあります。

これらは、漢字の羅列なので、読みにくいのです。

そして、この「百済観音像(木造観音菩薩立像)」の読み方は、「くだらかんのん もくぞう かんのんぼさつりつぞう」と読みます。

百済観音像(木造観音菩薩立像)の説明と解説

「法隆寺・百済観音像(木造観音菩薩立像)」は、1907年頃には「帝室・奈良博物館(現奈良国立博物館)」で安置されていました。

しかし、1930年頃に、再び法隆寺へ戻り、1941年から法隆寺・大宝蔵院に遷され安置されています。

大宝蔵院・観音堂の「ご本尊」として安置されているのが、「百済観音(くだらかんのん)」と呼ばれる、「木造観音菩薩立像(もくぞうかんのんぼさつりつぞう)」です。

百済観音とは朝鮮で造立された風合いを持つ仏像と言うことで百済観音と呼ばるようになっています。

この通称は近代以降つけられたもので、それまで寺の中では「虚空蔵菩薩像(こくうぞうぼさつぞう/知慧と福徳の仏様)」と呼ばれていたそうです。

虚空蔵菩薩は知恵を司る菩薩であり、主に密教で広まった菩薩さまです。

元々は、法隆寺・金堂の内陣(壁で仕切られた空間)の裏側にありました。

この百済観音像は、飛鳥時代の造立とされますが、どうやら初めから法隆寺にあったものではないらしく、他のお寺から遷されたものだと考えられていますが、定かなことは何1つ分かっていません。

百済観音像は、210cmほどの長身で、他の仏像に比べて極めてスリムな像形をしています。

立像は頭が大きめのものが多いですが、こちらは頭も小さく、ほとんど8頭身です。

この仏様に限らず多くの木造仏がそうですが、製作当初は極彩色だったと考えられます。

見慣れたせいか、個人的にはこの少し古めかしい、退色した仏様の方が落ち着いていて好きなのですが、皆さんはどうですか?

お顔は、同じ時代(と思われる)の、金堂の釈迦如来坐像に見られるような、アーモンド形の目でも、アルカイックスマイルと呼ばれる神秘的な笑みでもありません。

つぶらな目に、小さなお口の、柔和な雰囲気です。

「法隆寺・百済観音像(木造観音菩薩立像)」の安置場所

  • 法隆寺大宝蔵院「観音堂」
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ