奈良・法隆寺「行事・イベント」一覧

スポンサードリンク

奈良・法隆寺「行事・イベント」一覧

奈良・法隆寺(なら ほうりゅうじ)

法隆寺の年中行事をチェック!

たくさんある行事から、抜粋してご紹介します!

法隆寺・舎利講
  • 「舎利講」の日程:1月1日から3日

当日の人数次第では、一般の方でも舎利殿に入って見学できます。
2歳の聖徳太子が「南無仏」と唱えた時に、手からこぼれ落ちたという「舎利(釈迦の遺骨)のカケラ」のことです。
それが納められた舎利塔が公開されます。
公開時間は、3日間、午後1時からの1時間となります。

また、絵殿の特別公開もあります。

  • 法隆寺・絵殿の特別公開の日程:1月1日から3日
法隆寺・初護摩祈願厳修
  • 「初護摩祈願厳修」の日程:1月5日

護摩堂にて執り行われます。
初護摩祈願以外にも「月例護摩」の法要が毎月28日に行われます。

護摩木に「家内安全」などのお願い事を書くと、加持祈祷していただけます。

法隆寺・金堂修正会
  • 「金堂修正会」の日程:1月8日から14日

10日から14日、夕方6時からの法要のみ、参拝できます。
要申込みが必要です。

法隆寺・西円堂「修二会」

  • 法隆寺・西円堂「修二会」の日程:2月1日から3日

一般の方は外から参拝できます。

法隆寺・追儺式
  • 「追儺式」の日程:2月3日

西円堂で鬼が松明を投げ、毘沙門天が鬼を追い払う様子が演じられます。

法隆寺・涅槃会
  • 「涅槃会」の日程:2月15日

大講堂に、江戸時代に描かれた大きな涅槃図を掛けて、お釈迦様の遺徳を称える行事です。

法隆寺・お会式
  • 「お会式」の日程:3月22日から24日

聖徳太子を供養する法要で、1か月前から準備される、手作りのお供え物が堂内に備えられます。
10年ごとに大講堂で行われる「大会式」と、毎年聖霊院で行われる「小会式」があります。

法隆寺・仏生会
  • 「仏生会」の日程:4月8日「仏生会」

食堂に小さな釈迦誕生仏が安置され、それに甘茶を注ぎます。
涅槃会同様、お釈迦様の遺徳を称える行事です。

法隆寺・夢殿本尊開扉
  • 「夢殿本尊開扉」4月11日から5月18日

救世観音を拝めるのは、春と秋の各1か月間のみ。
列が出来て歩きながらの参拝になることがあるので、ゆっくり見たい場合は朝一番か、夕方閉門前がオススメです。

法隆寺・夏安居
  • 「夏安居」の日程:5月16日から8月15日

像が一ヶ所に集って修学する期間、西室にて、聖徳太子によって記された「三経義疏」の講義を聴講できます。
この期間内に「法隆寺夏季大学」もあり、仏教にまつわる様々な講義が行われます。
また、毎朝、西院伽藍の鐘楼(国宝)の梵鐘がつかれます。
年代物の鐘なので、あまり大きな音は出ません。
気になる人は、近くまで行ってみてくださいね。

法隆寺・夢殿本尊開扉
  • 「夢殿本尊開扉」の日程:10月22日から11月23日

11月1日から3日「上御堂特別開扉」
堂内の釈迦三尊像、四天王像を見られるのは、1年でこの時だけです!

終わりに・・

いかがですか?
何度も行ったことがある人は、今度はぜひ、長い歴史を持つ法要や特別開扉に行ってみては?

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ