奈良 法隆寺・南大門【国宝】

スポンサードリンク

奈良 法隆寺・南大門【国宝】

法隆寺・南大門↑法隆寺・南大門(画像/写真)

創建年

  • 593年から709年
再建年

  • 1438年(永享10年/室町中期)
建築様式(造り)

  • 入母屋造
  • 八脚門(8本柱)
屋根の造り

  • 本瓦葺
大きさ

  • 横幅:約17.5m(出入り口部分:約5.5m)
  • 奥行:不明
  • 高さ:不明
国宝指定年月日

  • 1953年(昭和28年)3月31日

法隆寺・南大門の読み方

法隆寺・南大門は「ほうりゅうじ なんだいもん」と読みます。

法隆寺・南大門の建築様式(造り)

建築様式にコダワリをもっておられる方で、この門を見て気づいた方も多いと思いますが、この門の造りは特徴的で少し変わった形をしています。

法隆寺・南大門の見どころ【その1・木鼻】

木鼻とは、木の端の飛び出た部分のことです。

法隆寺・南大門・木鼻南大門の入口上の棟木の端の部位に、彫刻がされているのを見受けることができます。

この彫刻は室町時代特有の禅宗風の建築様式を示すものです。

当時、一世を風靡していた優雅で絶大な権力を誇った足利王朝の文化を表現するものであり「遊を凝らした美」が垣間見える造りになっています。

法隆寺・南大門の見どころ【その2・花肘木】

法隆寺・南大門・花肘木柱部分の上部には、肘木が備え付けてあります。

境内金堂の肘木は「雲斗雲肘木」と呼ばれ、飛鳥文化を象徴する形状をしています。

それに比べて、この南大門の肘木は「花ビラのような形状」をしているのが伺えます。

この花形の肘木を「花肘木(はなひじき)」と呼称し、これも室町期に大きな特徴を表す部材となります。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






法隆寺・南大門の見どころ【その3・屋根】

足利王朝として、武家中心の時代の「礎」を築いた足利義満。

この義満は、実は「敬虔な仏教徒」でもあり、「中国皇帝(明)の崇敬者」でもありました。

これに端を発し、室町期は盛んに中国との交易が行われています。

また義満は、この法隆寺にも興味を示していたとされ、多大な関心を持っていたと云われております。

その痕跡をこの法隆寺でも少し垣間見ることができます。

南大門の屋根に少し注目してください。

他の社寺ではなかなか見ることのできない特殊な形状の屋根が見受けられます。

この屋根の形状は、反り返っていて、裏側が見えているのが分かります。

法隆寺 南大門 木鼻これは「軒反り」と言う建築技法で、古代・中国の建築技法です。

つまり、中国から伝来した建築技法が、この南大門に使用されていることが伺えます。

法隆寺・南大門の歴史・由来

法隆寺・南大門は法隆寺の正面玄関であり、法隆寺の顔と言える門です。

おそらく、通常に南側から参拝して来られたのであれば、この門を通って伽藍へ入ることになります。

この南大門は、平安時代より以前では、現在の位置よりも、もっと境内の内側に造営されていたと云われております。

つまり、現在の「西院伽藍・中門」の前に造営されていたとされており、平安時代に現在の場所に移されたと云われております。

法隆寺の現在の南大門前の床石

ちょっと、法隆寺の南大門の参道の床に注目してみてください。

綺麗に舗装されていませんか?

この床石は、昭和60年代に中国より輸入されてきて設置された石だそうです。

法隆寺 南大門 床石01それと南大門前の参道の両脇には「土産物屋や食べ物屋」が軒を連ねています。

これらの店の前には「整然と立ち並ぶ松の木」が自生しています。

この松の木は、南大門までの約200mの参道に立ち並び、創建当初からこの場所に自生している松と云われています。

一説には、聖徳太子が「万年の樹木」と名付けたとも云われております。

奈良 法隆寺 南大門 「踏み石(鯛石)」

他にもこの南大門に少し変わった形状の床石があります。

その床石は魚の「鯛(たい)」のような形状をしており、「鯛石」と命名されています。

法隆寺 南大門 鯛石

踏み石(鯛石)の大きさ

  • 長さ:約2m
  • 幅:1m

踏み石(鯛石)の由来

古の昔のことですが、大雨が続き、法隆寺のすぐ南側を流れる「大和川」が氾濫し「大和盆地」全体が水浸しになったそうです。

その影響で法隆寺境内への浸水も危ぶまれましたが、なんと!ここで奇跡が起こり、この「鯛石」と呼ばれる石の前でちょうど、ピタっと水が止まったそうです。

この奇跡に因んで、水に縁のある魚の「鯛(たい)」の形状をした石を「めでたい」と言う語呂も兼ね、水が止まった場所に設置したようです。

しかし、この話には諸説あるらしく、その中の一説によると、洪水の折、海からこの大和盆地へ流れてきた1匹の鯛がいたそうです。

その鯛が突如、水面から飛び上がり、この石の上に舞い落ちて、そのまま石に飲み込まれて石化して「洪水をせき止めた」と云う伝承が残されているようです。

踏み石(鯛石)のご利益

上述のような伝承から、この石は「水難避けのご利益がある」とされています。

なんでも、この石を踏みしめて境内でお参りをして、また、帰るときにこの石を踏みしめて帰ることで「水難避けのご利益」と「自宅に帰り着くまで災厄から守護」してくださり、無事に帰れるとのことです。

尚、この鯛石は法隆寺の七不思議とも云われています。法隆寺の七不思議については当サイトの以下↓の別ページでご紹介しております。

法隆寺・南大門に増設された参道

また、法隆寺の南大門前は「広々とした広場」になっています。

この広場は近年に差し掛かり、施工されて広くなったもので、正式には修学旅行などで押し寄せる「参拝客の混雑回避・緩和」のための対策だそうです。

詳しくは、南大門に通じる正面参道の両脇に2つずつ参道が整備されており、広々とした広場が見事に演出されています。

晴れた日に、この広場から法隆寺を見上げると、南大門の後に五重塔があって、その脇に金堂の屋根が見えて「やっと法隆寺にやって来れたんだ!」と言う爽快な気持ちになれます。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ