法隆寺・若草伽藍跡(わかくさがらん)【国宝】

スポンサードリンク

法隆寺・若草伽藍跡(わかくさがらん)【国宝】

法隆寺・若草伽藍(わかくさがらん)【国宝】引用先・http://bell.jp/pancho/travel/

  • 国宝指定年月日:1951年(昭和26年)6月9日

※若草伽藍は、法隆寺の旧境内における国宝という形で国宝に登録されています。

歴史的な大ビックリ!現在の法隆寺はすべて再建だった?!

奈良・法隆寺は607年、推古天皇と聖徳太子によって建てられたと言われています。

しかし、「日本書紀」には、その後670年、大規模な火災により、全ての建物が焼失したという記述があります。

つまり、大規模な火災があり、すべて焼失したという事実を信用するかどうかで、長い間、学者の中でも意見が分かれていました。

つまり、現存している奈良・法隆寺の建物は「創建当初のままなのか?」

はたまた、

「再建されたものなのか?」

と、いう論争です。

そんな論争の最中、再建論が正しいことを決定づける証拠が出てきます。

その証拠となったものが、1939年に行われたこの「若草伽藍(跡)」の発掘調査です。

法隆寺・若草伽藍とは?

「若草伽藍」というのは、西院伽藍の南東側にある、古いお寺の遺構です。

若草伽藍は、現在の法隆寺境内とは、少しズレた位置に建立されていたことが判明しており、遺構跡は、法隆寺の付近・周辺の民家の敷地にまたがっています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






法隆寺・若草伽藍で出土した物

2004年に行われた、法隆寺の若草伽藍の調査では、7世紀初頭の壁画片、約60点あまりが、ここ若草伽藍で出土したと話題になり、世間を賑わせました。

この壁画片には、彩色が残されており、その彩色が歪に薄くなっていたことから、調査をしたところ、なんと!1000度上の高温で焼かれていた事が判明し、この事実こそが、法隆寺が火事で1度燃え尽きたと言う説の確たる物証となったようです。

なお、壁画片の大きさは、約5cm四方の壁画片で、地中2mの地層から発掘されたとのことです。

壁画片の大きさは、約5cm四方の壁画片で、地中2mの地層から発掘されたとのこと引用先:http://www.asahi.com/

壁画片の出土場所

壁画片の出土場所とは、西院伽藍の金堂の南、東大門の少し西約100mの地点で、若草伽藍が存在していた頃は、深さ約3mの谷であったと云われております。

法隆寺・若草伽藍の場所【法隆寺境内・地図】

法隆寺・若草伽藍の場所引用先・http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/

法隆寺・若草伽藍の構成

調査研究によると、「若草伽藍」は、同じく聖徳太子が建てたと言われる四天王寺のような「塔」と「金堂」が南北に並ぶ「伽藍配置(四天王寺式)」であったと云われております。

また、出土した瓦の様式も、現在の法隆寺のものよりも、古いことがわかりました。

これにより、「若草伽藍が元々の法隆寺で、それが再建されたのが現在の西院伽藍である」ということが、ほぼ確認されたのです。

ただ実際には、法隆寺は、「誰が、いつ、なぜ再建したのか?」もしくは「どうして場所を移したのか?」など、わかっていない謎も多いのが事実です。

そう・・法隆寺は、実はまだまだ謎だらけなんですね。

そんな神秘に包まれた法隆寺に魅せられ、1度では飽き足らずに、ついついと幾度となく、訪れてしまうのですね。

そして、その都度、表情を微妙に変えた法隆寺を、脳裏に刻んで帰途につくワケです。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ